MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!
本サイトは 日本労働産業ユニオンによるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません。

上司が嫌い!避けるべき行動や退職の判断基準は?

「上司の顔を見るだけでイライラする…」
「理不尽な要求ばかりで、ストレスが溜まる一方…」
「このまま耐え続けるのは無理かも…でも、簡単に辞められないし…」

上司とうまくいかない状況が続くと、仕事へのモチベーションが下がり、出社するのが憂鬱になってしまいますよね。でも、我慢を重ねるばかりでは、いつか限界が来てしまうかもしれません。

このように、嫌いな上司への対処法を誤ると、かえって状況を悪化させてしまう恐れがあります。

では、上司が嫌いな時、私たちはどのように行動すべきなのでしょうか。嫌いな上司と向き合わずに逃げ続けていいのか、それとも思い切って転職するべきなのか。

この記事では、嫌いな上司への対処法をお伝えします。上司との関係を悪化させる行動や、退職を決断する判断基準についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

タップできる目次

その前に!
上司が嫌いなよくある5つの理由

嫌いな上司への対処法をお伝えする前に、「上司が嫌い!」という人の、よくある理由をまとめてみました。

  • 人によって態度を変える
  • 感情的に怒鳴る
  • 嫌味や悪口を言う
  • 部下の意見を聞かない
  • 高圧的で偉ぶる

部下の立場に立って考えられない上司や、感情的に怒鳴ったり嫌味を言ったりする上司など、コミュニケーションの問題が多いようです。また、部下の意見を聞かず、自分の意見ばかり押し通す上司も嫌われやすい傾向にあります。

以下で詳しく解説していきます。

上司が嫌いな理由1|人によって態度を変える

上司が人によって態度を変えるのは、部下からすると不公平感を感じさせます

例えば、自分には厳しく当たるのに、他の部下には優しく接するような場合です。また、その日の機嫌で態度が変わるのも問題です。機嫌が良い時は穏やかですが、機嫌が悪いと些細なことで怒鳴ったりするのは、部下としては戸惑ってしまいます。

上司は部下に対して、常に公平で一貫した態度で接することが求められます。

部下は上司の言動をよく観察しているので、態度の変化には敏感に反応します。人によって態度を変えたり、感情的になったりすることで、部下との信頼関係が損なわれてしまうのです。

上司が嫌いな理由2|感情的に怒鳴る

感情的に怒鳴る上司は、部下からの信頼を失ってしまいます

例えば、ミスをした部下に対して、大声で怒鳴ったり、人格を否定するような言葉を浴びせたりする上司がいます。しかし、感情的な言動では、部下のやる気を削ぐだけでなく、上司への尊敬の念も失われてしまいます。

上司は冷静さを保ち、建設的な指導をすることが大切です。部下のミスは、どこに問題があったのかを具体的に指摘し、改善策を一緒に考えるようにしましょう。

感情的になるのは、上司としての器の小ささを露呈することになります。部下から信頼される上司になるためには、感情をコントロールする力が必要不可欠なのです。

上司が嫌いな理由3|嫌味や悪口を言う

上司が部下の悪口を言ったり、嫌味を言ったりするのは、部下のモチベーションを下げる行為です。

例えば、他の部下と比較して「あの人はできるのに、君はダメだね」などと言ったり、皮肉を込めて「そんなことも分からないの?」と言ったりする上司がいます。

しかし、このような言動は部下の自尊心を傷つけ、仕事への意欲を失わせてしまいます。

上司は部下の良いところを見つけ、ポジティブなフィードバックをすることが重要です。悪口や嫌味は、上司としての器量の無さを表すだけでなく、職場の雰囲気を悪くしてしまうのです。

上司が嫌いな理由4|部下の意見を聞かない

部下の意見を聞かず、自分の考えを押し通す上司も嫌われる傾向にあります。例えば、部下が提案しても「私が言ったとおりにやりなさい」と一蹴したり、会議で部下の発言を遮ったりするような態度です。

しかし、部下の意見を聞くことは、上司の責務の一つです。

部下は現場の状況をよく知っているので、時には上司よりも的確な意見を持っていることがあります。上司は謙虚に耳を傾け、部下の意見を取り入れながら物事を進めていくことが求められます。

部下の意見を尊重することで、部下は自分の存在価値を感じ、仕事へのやりがいを持つことができるのです。

上司が嫌いな理由5|高圧的で偉ぶる

高圧的な態度で部下に接したり、自分の地位を利用して偉ぶったりする上司は、部下から反感を買ってしまいます。例えば、「私が上司だから、私の言うことを聞け」というような態度や、部下を見下すような物言いをする上司です。

しかし、上司は部下を導く立場であり、権力を振りかざすのは適切ではありません。部下に指示をする際も、丁寧な言葉遣いを心がけ、敬意を持って接することが大切です。

上司は、高圧的な態度ではなく、自ら率先して行動し、部下を引っ張っていく存在であるべきです。謙虚な姿勢で部下と向き合うことで、初めて信頼される上司になれるのです。

上司が嫌いなことでもたらされる、4つの影響

上司が嫌いだと、ストレスが溜まってイライラが募ったり、仕事へのモチベーションが下がったりするなど、心身の健康を損なう恐れがあります。最悪の場合、会社に行きたくないと感じ、うつ病などの心の病になってしまったりすることも。

上司との関係性は、部下の仕事人生に大きな影響を与えます。上司が嫌いだからといって、簡単に仕事を辞められるわけではありません。

しかし、そのストレスに耐え続けることも得策とは言えません。ここでは、上司が嫌いなことで起こりうる影響について、詳しく見ていきましょう。

影響1|ストレスやイライラが限界に達する

上司が嫌いだと、仕事中はもちろん、プライベートでもストレスを感じてしまいます。

例えば、上司から理不尽な言動をされたことが頭から離れなかったり、明日も上司に会わなければいけないと考えただけでイライラしたりするのです。

ストレスが溜まると、心身の健康を損ねる恐れがあります。頭痛や肩こりなどの身体症状が現れたり、集中力が低下したりと、仕事のパフォーマンスにも悪影響が及びます。

また、イライラが募ると、些細なことで怒りっぽくなったり、周囲に当たり散らしたりしてしまうこともあるでしょう。そうなると、同僚との関係性も悪化してしまいます。

ストレスやイライラは、放っておくと限界に達してしまいます。上司との関係改善に向けて行動するとともに、ストレス発散の方法を見つけることが大切です。

影響2|仕事へのモチベーションが低下する

上司が嫌いだと、仕事へのモチベーションが低下してしまう傾向があります。

例えば、どんなに頑張っても上司に認めてもらえないと感じたり、上司の指示が的確でないと感じたりすると、仕事への意欲が湧かなくなるのです。

仕事へのモチベーションが低下すると、業務の質が落ちたり、スピードが遅くなったりします。ミスも増えるでしょう。そうなると、上司からの評価が下がり、さらにモチベーションが下がるという悪循環に陥ってしまいます。

また、新しいことにチャレンジしようという意欲も失われがちです。「何をやってもダメだ」と思い込み、現状に甘んじてしまうのです。

仕事へのモチベーションを維持するためには、上司との関係改善とともに、自分の仕事の意義を見出すことが重要です。

上司に認めてもらえなくても、自分の成長につながると考えられるのであれば、前向きに取り組む気持ちが湧いてくるはずです。

影響3|会社や仕事に行きたくなくなる

上司が嫌いで、ストレスやモチベーションの低下が続くと、会社や仕事に行きたくなくなることがあります。例えば、上司と顔を合わせるのが嫌で、出勤するのが憂鬱になったり、「今日は病欠しよう」と考えたりするようになるのです。

しかし、仕事を休みがちになると、業務に支障をきたすだけでなく、同僚にも迷惑がかかります。さらに、上司からの信頼を失い、人事評価に悪影響が出ることも考えられます。

会社に行きたくない、仕事をしたくないと感じた時は、上司との関係改善に向けて行動することが大切です。どうすれば上司とうまくやっていけるのか、周囲の人に相談してみるのも一つの方法でしょう。

また、どうしても上司との関係改善が難しいと感じるのであれば、転職を視野に入れるのもありです。ただし、転職は慎重に検討する必要があります。

影響4|吐き気や抑うつなどの不調が出る

上司が嫌いなことによるストレスは、心身の健康に大きな影響を及ぼします。例えば、吐き気や頭痛、動悸などの身体症状が現れることがあります。また、食欲不振や不眠といった生活リズムの乱れも起こりやすいのです。

さらに、ストレスが長期化すると、抑うつ状態に陥ることも。気分が落ち込んだり、何をするのも面倒に感じたりするようになります。重症化すると、うつ病を発症してしまう恐れもあるのです。

厚生労働省の調査によると、仕事や職業生活に関する強い不安やストレスを感じている労働者の割合は、59.5%にのぼります。特に、上司とのコミュニケーション不足や、パワーハラスメントなどの問題は、ストレスの大きな原因になっているそうです。

上司が原因で心の不調を感じたら、一人で抱え込まずに、周囲の人や専門家に相談することが大切です。心の健康を損ねてしまっては、仕事どころではありません。早めの対処を心がけましょう。

※平成30年 労働安全衛生調査(実態調査):https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/h30-46-50_kekka-gaiyo02.pdf

どんなに上司が嫌いでも避けるべき3つの行動

上司が嫌いだからといって、感情のままに行動してはいけません。そうすると、自分の評価を下げるだけでなく、職場の人間関係も悪化させかねないのです。ここでは、上司が嫌いでも避けるべき3つの行動を見ていきましょう。

上司への仕事の連絡を怠る

上司が嫌いだと、つい連絡を怠りがちですが、これは避けるべき行動です。例えば、報告が必要な案件を報告しなかったり、指示された資料を作成しなかったりするようなことがあってはいけません。

業務の進捗状況を上司に伝えるのは、部下の責務です。報告や相談を怠ると、上司は状況を把握できず、適切な判断ができなくなってしまいます。それによって、トラブルが発生したり、損失が出たりするようなことにもなりかねません。

上司とのコミュニケーションが苦手でも、業務に関する連絡だけはしっかりと行うよう心がけましょう。口頭でのやり取りが苦手なら、メールを活用するなど、自分なりの方法を見つけることが大切です。

上司に対して嫌な態度を見せる

上司が嫌いでも、嫌な態度は絶対に避けるべきです。例えば、上司の指示に対して、露骨にいやそうな表情をしたり、ぶっきらぼうな言葉で返答したりするようなことは、厳禁です。

態度の良し悪しは、評価に直結します。嫌な態度を取れば、上司はあなたを「協調性がない」「マナーが悪い」と評価するでしょう。それによって、昇進や昇格のチャンスを逃してしまったり、最悪の場合は、解雇に至ったりすることも考えられます。

どんなに上司が嫌いでも、表面上は良好な関係を築けるよう努力しましょう。上司に気持ちよく仕事を任せてもらえれば、自分のスキルアップにもつながります。嫌な態度を取ることは、自分の成長を妨げるだけなのです。

無責任な退職の仕方をする

上司が嫌いで会社を辞めたいと思っても、無責任な退職の仕方は絶対に避けましょう。例えば、突然「明日から来ません」と言って退職したり、引き継ぎをせずに退職したりするようなことは、厳禁です。

無責任な退職は、会社に多大な損害を与えます。引き継ぎが不十分だと、業務が滞ったり、ミスが発生したりする恐れがあります。また、突然の退職は人員配置にも影響を及ぼし、同僚の負担を増やすことにもなるでしょう。

退職を考えているのであれば、上司にきちんと相談し、引き継ぎを行った上で、責任を持って退職の手続きを進めることが大切です。「あの人は無責任に辞めた」というレッテルを貼られないよう、節度を持って行動しましょう。

上司が嫌いでも賢く付き合う6つのコツ

上司が嫌いでも、賢く付き合っていくことが大切です。ここでは、上司と上手に付き合うための6つのコツを紹介します。

  • 嫌いな理由を客観視する
  • 表面上は丁寧な対応をする
  • 上司の良いところを探してみる
  • 適度な距離を置く
  • ストレス管理と自己ケアを心がける
  • 周りの人間関係を上手く構築する

上司の言動を客観的に見つめ直したり、適度な距離感を保ったりすることで、ストレスを軽減できるはずです。

賢く付き合うコツ1|嫌いな理由を客観視する

上司が嫌いな理由を、一度客観的に見つめ直してみましょう。例えば、「上司は私の意見を全然聞いてくれない」と感じていたとします。しかし、よく考えてみると、自分の意見の伝え方に問題があったのかもしれません。

このように、上司の言動を客観視することで、「自分にも原因があったのでは?」と気づくことがあります。すると、上司への嫌悪感が和らぐことも。冷静に状況を分析し、自分にできることを見つけていくことが大切です。

嫌いな理由を書き出して、第三者の視点で見つめ直してみるのもおすすめです。そうすることで、感情的になっている自分に気づき、建設的な解決策を見出せるようになるでしょう。

賢く付き合うコツ2|表面上は丁寧な対応をする

上司が嫌いでも、表面上は丁寧に接することを心がけましょう。感情的になるのは避け、業務に関するコミュニケーションは、冷静に行うことが大切です。

例えば、メールのやり取りでは、丁寧な言葉遣いを心がけます。口頭でのやり取りでも、相槌を打つなどして、上司の話をしっかりと聞く姿勢を見せましょう。

感情をコントロールするのは簡単ではありませんが、上司に良い印象を与えることは、自分の評価にも影響します。表面上は丁寧な対応を心がけ、感情的な対立は避けるようにしましょう。

賢く付き合うコツ3|上司の良いところを探してみる

「上司なんて、全然ダメだ!」と思ってしまいがちですが、上司の良いところを探してみるのも大切です。例えば、仕事の知識が豊富だったり、人脈が広かったりするのは、上司の強みと言えるでしょう。

上司の良いところを見つけることで、見方が変わることがあります。「この人は、私の成長を願ってくれているのかも」と思えたら、嫌悪感も和らぐはずです。

良いところを見つけるのが難しい場合は、この上司から学べることを考えてみましょう。例えば、交渉術が上手な上司なら、そのスキルを盗むチャンスととらえることができます。

上司の良いところに目を向けることで、ストレスも軽減できるでしょう

賢く付き合うコツ4|適度な距離を置く

上司とは、適度な距離感を保つことが大切です。嫌いな上司だからと言って、必要以上に距離を置きすぎるのは避けましょう。かと言って、べったりと近づきすぎるのもNGです。

例えば、業務に関係のない私的な話はなるべくしないようにします。休日の過ごし方など、プライベートな情報を安易に伝えるのは避けましょう。一方で、業務に関する報告や相談は、きちんと行うことが大切です。

上司との距離感は、ケースバイケースで調整する必要があります。相手のパーソナリティや職場の雰囲気を考慮しながら、trial and errorで最適な距離感を掴んでいきましょう。

賢く付き合うコツ5|ストレス管理と自己ケアを心がける

嫌いな上司とのやり取りは、どうしてもストレスになりがちです。そこで、ストレスに負けないよう、自己管理を怠らないことが大切です。

例えば、上司から理不尽な言動をされてイライラした時は、深呼吸をして気持ちを切り替えましょう。「このストレスを引きずっても仕方ない」と割り切ることも必要です。

また、オフの日は、ストレス発散に努めることも大切です。好きなことをして過ごしたり、友人と会話を楽しんだりして、リフレッシュを心がけましょう。

自己ケアを怠ると、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいます。上司との関係に悩んでいる時こそ、自分の心と体を大切にしてあげましょう

賢く付き合うコツ6|周りの人間関係を上手く構築する

上司との関係で悩んでいる時は、周りの同僚との良好な関係を築くことも大切です。上司の愚痴を言い合える同僚がいれば、ストレス発散にもなるでしょう

例えば、ランチを一緒に食べたり、仕事帰りに飲みに行ったりして、コミュニケーションを図ると良いでしょう。「上司が変わったところがあったら、教えてほしい」と頼んでおくのもおすすめです。

一方で、上司の悪口を言いすぎるのは避けましょう。人間関係のトラブルに発展しかねません。愚痴は程々にして、前向きな会話を心がけることが大切です。

良好な人間関係は、仕事の効率アップにもつながります。協力し合える同僚がいれば、より良い仕事ができるはずです。上司との関係だけでなく、周りとの関係構築にも努めましょう。

上司が嫌いで限界を感じたら退職を検討しよう

どんなに頑張っても、上司とうまくいかないこともあります。我慢を重ねた結果、心身の健康を損ねてしまっては元も子もありません。上司との関係に限界を感じたら、勇気を持って退職を検討してみましょう。

退職を考えるべきタイミング

以下のようなケースでは、退職を視野に入れても良いかもしれません。

  • 上司から執拗なパワーハラスメントを受けている
  • 上司との関係でメンタルを崩しそうになっている
  • 上司の指示が明らかに違法行為である

これ以上、上司との関係で我慢を強いられそうなら、退職を考えるべきサインかもしれません。

ただし、退職は慎重に検討する必要があります。後悔しないためにも、まずは信頼できる人に相談してみましょう。それでも退職が最善だと思えたら、次の行動に移っていきます。

退職代行torikeshiの役割とメリット

上司との関係に悩んでいるなら、退職代行torikeshiの利用もおすすめです。

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

torikeshiとは、依頼者に代わって会社との交渉や手続きを行ってくれるサービスです。

退職の意思を直接上司に伝えるのは、勇気がいることもあるでしょう。torikeshiなら、そんな気まずい思いをせずに、スムーズに退職できるのが魅力です。

会社との交渉では、依頼者に有利な条件を引き出してくれることも。退職届の作成や、年金の手続きなど、煩雑な事務作業も代行してくれます。

上司との関係に悩んでいるなら、一人で抱え込まずに、退職代行の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

転職活動の始め方と注意点

退職が決まったら、転職活動を始めましょう。まずは、自分の強みと、やりたい仕事をじっくりと考えてみましょう

その上で、キャリアに合った求人を探します。職務経歴書を作成したり、面接対策をしたりと、準備は入念に行いましょう。

転職活動では、前の会社の上司の悪口は言わないよう注意が必要です。採用担当者に「この人は上司とうまくやれないのでは?」と思われ兼ねません。

前の会社での経験は、ポジティブな形で伝えるよう心がけましょう。どんな仕事を任され、どんなスキルを身につけたのかをアピールすることが大切です。

まとめ

上司が嫌いで悩んでいる人は、決して少なくありません。しかし、嫌いだからと言って、感情的な行動を取るのは避けましょう。

上司との良好な関係を築くために、以下のようなことを心がけてみてはいかがでしょうか。

  • 嫌いな理由を客観的に見つめ直す
  • 表面上は丁寧な対応をする
  • 上司の良いところを見つける
  • 適度な距離感を保つ
  • ストレス発散と自己ケアを行う
  • 周囲との良好な関係を築く

それでも、どうしても我慢の限界を感じるようであれば、退職を視野に入れるのもありでしょう。一人で悩まずに、周りに相談しながら、新しいキャリアを歩んでいきましょう。

上司との関係は、気が重くなりがちです。しかし、賢く付き合っていくことで、自分の成長につなげられるはずです。前を向いて、一歩ずつ進んでいきましょう。きっと、あなたの理想のキャリアが待っているはずです。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次