MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!
本サイトは 日本労働産業ユニオンによるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません。

パートを辞めたいと言いづらい人におすすめの退職方法!円満退職の仕方を徹底解説!

アイキャッチ
読者

「家庭の事情でパートを辞めたいけど、上司に言いにくいな……」
「角を立てずに円満退職する方法はないのかな?」

パートを辞めたいものの上司に言えずにいる方は、代わりに退職の意思を伝えてくれる「退職代行サービス」の利用がおすすめです。

家庭の事情や人間関係のトラブル、仕事内容に対する不満など、さまざまな理由でパート先の退職を考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、パートを辞めたいと言いにくい方におすすめの退職方法や円満退職のポイントなどを解説します。

簡単にパートを辞められるおすすめの退職代行サービスも5つ紹介するので、スムーズに退職したい方はぜひチェックしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行サービス3選

LINEで24時間
無料相談OK!
退職成功率100%の実績◎お得な料金帯で
即日退職可能!
退職代行TORIKESHI
退職代行TORIKESHI
辞めるんです
辞めるんです
リーガルジャパン
リーガルジャパン
【料金】

25,000円
【料金】

27,000円
【料金】

25,000円
【退職交渉】
【退職交渉】
【退職交渉】
【サポート】

LINE対応
即日退職
返金対応
転職支援
【サポート】

LINE対応
即日退職
全国対応
後払いOK
【サポート】

LINE対応
即日退職
返金対応
転職支援
公式サイト公式サイト公式サイト
※料金はすべて税込表示です
タップできる目次

パートを今すぐ辞めたいなら「退職代行TORIKESHI」がイチオシ!

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行TORIKESHI」はLINEで手軽に利用できる退職代行サービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。

さらにアフターフォローも充実しているため、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金や失業保険のサポートなど任せられます。

また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証も魅力です。

退職代行の無料相談は、メールまたはLINEで24時間可能です。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に退職代行TORIKESHIへ相談してみましょう。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

主婦がパートを辞めたいと考える主な理由

携帯電話を持ちながら体育座りをする女性

まずは、どのような理由で主婦が「パートを辞めたい」と感じるのか、ディッピ総合研究所が調査したアンケート結果を見てみましょう。

離職した理由・離職を考えた理由割合
上司・同僚などの職場の人間関係や雰囲気が良くなかった
自分に合わなかった
37.5%
仕事自体にやりがいや楽しさがなかった22.2%
上司・先輩から理不尽な指摘や指導があった18.3%
シフトや休みが希望通りにならないケースが多かった17.4%
仕事内容のわりに給与や交通費などの報酬が不十分だった16.7%
想定よりも仕事内容の難易度が高すぎた14.8%
家庭の事情や引っ越しなどの個人の事情13.6%
昇給制度や評価制度が不十分だった10.4%
研修内容や教育環境が不十分だった8.2%
募集時の給与条件や仕事内容と、実際の内容が異なっていた8.0%
職場の設備(業務スペース・休憩所・備品・衛生)が不十分だった6.0%
研修期間中の受け入れ態勢やサポートが不十分だった3.8%

ここでは、主婦がパートを辞めたいと考える主な理由を詳しく解説します。

順番に見ていきましょう。

人間関係

主婦がパートを辞めたいと感じる、最も多い理由は人間関係です。

どのような職場にも、気が合わない同僚が一人はいるのではないでしょうか。

たとえば冷たい態度をとったり、無視したりするなど、執拗に攻撃を仕掛けてくる人がいる場合、働きづらさを感じてしまうものです。

そのほかにも、上司や先輩から理不尽なパワハラやセクハラなどがある場合も「パートを辞めたい」と考えてしまうでしょう。

上司から嫌がらせを受けている方は、パワハラが原因で辞める場合の注意点や、退職前にやるべきこともあわせてチェックしてみてください。

家族の都合

夫の転勤で退職を余儀なくされた、育児と家事の両立が難しくなったなど、家庭の都合が理由でパートを辞めなければならないこともあります。

また、パートをしていると家を不在にするため、家族の時間を大切にしたいと考え「パートを辞めたい」と感じることもあるでしょう。

そのほかにも、親の介護が必要になってしまい、パートをする余裕がなくなることや、病気や体調不良で働けなくなったという退職理由もあります。

このように、家庭の都合もパートで働く主婦にとって、退職理由の一つになります。

体調不良などの健康面

体調不良でパートを続けられない」という主婦もいるでしょう。

すぐ治る病気であればよいですが、長期でリハビリが必要な外傷や精神的な疾患の場合はそうはいきません。

精神を病んでしまう方のなかには相手のことを考えすぎるあまり、職場に迷惑をかけないようにと無理に仕事を続けようとする方も多いです。

しかし、自身の健康が損なわれたら元も子もありません。

仕事内容への不満

契約前に聞いていた仕事内容と異なる、仕事量と給与が見合っていないなど、仕事そのものに対して不満を感じている場合も「パートを辞めたい」と感じる原因です。

また、継続したことによって仕事に慣れてしまい、その結果飽きてしまうこともあります。

そのほかにも、仕事の難易度があまりにも高いと続けられないと感じることも退職理由の一つとして挙げられます。

給与などの待遇面への不満

交通費が出ない、ボーナスがない、そもそも給与が低いなどの待遇に不満があって「パートを辞めたい」と感じる主婦もいるでしょう。

継続して働き、スキルアップしても時給が上がらなければ、より時給がよい職場を探したいと考えてしまいます。

また、人手不足や繁忙期が原因で休みが取れないこともあるでしょう。

主婦の場合、育児の合間に働いていることもあるため、子どもの急病で休みがほしいときなど、対応がとれないと「パートを辞めたい」と考えてしまいます。

そのほかにも、シフトが合わないことが退職理由になることもあります。

世帯所得を増やすためにパートを始めたにも関わらず、効率的に稼げないと、より稼げるパート先を探したいと考えてしまいます。

パート、アルバイトは辞めたいと思ったらすぐ辞めれるの?

首を傾けてあごに手を当てる女性

法律では、雇用期間を定めていない場合、2週間前に申請すれば退職できると定められています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法 | e-Gov法令検索

つまり、あらかじめ退職を申し出ていれば、その2週間後には辞められるということです。

2週間の間には出社義務はないため、仕事に行かなくても問題ありません。

ただし、雇用期間が決まっている場合、雇用主が申請を断ることができるため、雇用契約書を確認しなければなりません。

1〜2か月前に申請することが一般的で、雇用契約書に「退職は〇か月前に申請すること」と記載されています。

そのため、パートを辞める際は退職の意思をしっかり伝え、その次に退職の時期を相談して決めます。

雇用主側からすると1〜2か月で新しいスタッフを見つけることは難しく、そこから教育するとなるとさらに大変です。

自身が重要な役割を担っていたら、人材を確保することは難しくなるでしょう。

法律上問題がないからといって、一方的に退職時期を決めるのではなく、なるべく円満に退職できることを心がけた方が気持ちよく次の職場に行けます。

パートを円満に辞めるためのタイミングと伝え方

微笑みながら話を聞く会社員の女性

パートを円満に辞めるためのタイミングと伝え方は次のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

辞める1か月前にはその旨を伝える

退職の旨は退職希望日の1〜2か月前までに伝えておくことがおすすめです。

法律では2週間前に辞める意思を伝えれば問題なく退職できますが、シフト調整や人材確保などで会社側に時間が必要になることを考慮し、1〜2か月前に伝えるとよいでしょう。

退職は言い出しにくいことですが、だからといって突然に伝えてしまうと、会社に迷惑がかかります。

一般的には、1か月前までに伝えることを就業規則としている会社が多いため、就業規則で退職意思を伝える時期がいつなのかを確認し、早めに伝えるようにしましょう。

辞める原因として職場環境や待遇、業務内容を使わない

退職を伝える場において、愚痴や不満を交えると「改善するから」という理由で引き止められたり、言い合いになったりして気持ちよく退職できない可能性があります。

そのため、辞める原因として職場環境や待遇、業務内容などの愚痴や不満を交えないことがおすすめです。

当たり障りのない退職理由を上手く使い、スマートに退職することを心がけましょう。

家庭の事情を理由にする

プライベートな質問はしにくい傾向にあるため、家庭の事情を理由にすることがおすすめです。

子どもの場合は送り迎えなどがなくても「子どもが幼いため母親が側にいる必要がある」「受験のためにサポートが必要」など、家庭ならではの事情はさまざまです。

また、深刻な介護状態ではなくても「高齢で側に人がいないと不安になってきた」「日常生活が不自由になってきた」などの理由でもよいのでしょう。

家庭の事情を理由にパートを辞める場合、会社も強く反対することはできません。

万が一、仕事に復帰したい場合も、家庭の事情であれば戻りやすくなります。

シフトなどを管理している責任者(正社員)に直接伝える

退職を希望する際は、シフトなどを管理している責任者(正社員)に、パートを辞めたい旨を直接伝えましょう。

しかし、仕事中の片手間に伝えることは失礼にあたります。

そのため「少しお時間をいただいてもよろしいですか?お話したいことがあります」と、事前に時間を作ってもらうとよいでしょう。

そして、話し合いでは退職したいとはっきり伝えることが大切です。

退職を申し出ることが気まずい、心苦しいなどと思う方もいますが、パートであればすぐ次の人を雇えるため、過度に心配する必要はありません。

しかしパートを辞めたいけどなかなか言い出せないという現状がある…

体育座りをしながら頭に手を当てる女性

「マイナビ転職」によると「仕事を辞めたいけど言えない」と悩んでいる方が71.3%もいることがわかりました。

転職経験者が仕事を辞めたいと言えなかった理由は次のとおりです。

上司に退職の話をしづらかったから38.0%
会社や同僚に申し訳なかったから27.2%
退職日までの間、職場で気まずい思いをしそうだったから26.1%
お金や生活に不安があったから25.0%
次の仕事が決まっていなかったから23.9%
辞めたら後悔するのではないかと不安だったから
(仕事内容・待遇・労働環境・人間関係など)
22.8%
人手不足で引き止められそうだったから21.7%

つまり、上司への言い出しにくさや会社に対する気がかりにより、辞めたいけどなかなか言い出せなくなります。

円満にパートを辞めたいけど言いづらい主な原因

頬杖をついて悩んでいる女性

円満にパートを辞めたいけど、言いにくい主な原因は次のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

直接上司に辞める旨を伝える勇気がない

直接上司に辞めることを伝える勇気がない、上司が怖いから伝えにくい人もいるでしょう。

上司が普段から話しかけにくかったり、高圧的な人柄であったりすると、パートを辞めたいとは言えなくなってしまいます。

さらに、日頃からパワハラを受けている上司であった場合、退職を申し出ることはとくにやりにくさを感じてしまうでしょう。

上司に退職の旨を伝える勇気がない方は、仕事を辞めたいと言えないときの対処法や、円満退職のコツを参考にしてみてください。

辞めるまでの1か月間とても気まずい

パートを辞めたいと職場に伝えることで、上司や同僚と気まずくなったり、職場で孤立したりするのではないかと懸念して退職を言い出しにくい場合もあります。

職場の人たちとの関係が良好であっても「パートを辞めたい」と伝えた途端に関係が悪くなりそうで怖いから言えないと思う人もいるようです。

パートを辞めるのを承諾してくれるほどの理由が見つからない

辞めることを承諾してもらえるほどの理由が見つからないことも考えられるでしょう。

なかには「人員体制を変えて仕事量を減らす」「給与に不満があるなら来月から上げる」と引き止められるかもしれません。

引き止めに対して強く断れる自信が持てずに「パートを辞めたい」と、なかなか言えない場合も少なくありません。

退職代行を使えばパートを簡単に辞められる!

首を少し傾けてガッツポーズをする女性

正社員ではなく、パートであっても退職代行サービスの利用は可能です。

退職代行サービスを利用すれば即日退職でき、上司と一切顔を合わせることもなく退職できます。

パートは、家事や育児との両立ができたり、都合のよい日に働けたりすることがメリットです。

しかし、人間関係が悪い、職場環境が悪いなど、自身の希望とは異なる働き方を強いられている主婦もいます。

このような場合に退職代行サービスが心強い味方となってくれるでしょう。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、労働者本人の代わりに弁護士や代行業者が会社側に退職の意思を伝えるサービスです。

「退職の意思を伝えたら、上司から執拗に引き止められるのではないか」「いま辞めたら損害賠償を請求するなどと脅迫や嫌がらせを受けるのではないか」

上記のような話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

このように、会社が辞めさせてくれない悩みを抱える労働者に代わり、退職届を提出することが退職代行サービスです。

退職代行の利用に不安を感じる方は、トラブルを回避する退職代行サービスの選び方もあわせてチェックしてみてください。

退職代行サービスを使ってパートを辞めるメリット

クリップで留められている「Merit」と書かれた白い紙

退職代行サービスを使ってパートを貯めるメリットは次のとおりです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

雇い主側に連絡は一切不要

退職代行サービスを利用した場合、パート先の雇い主側への連絡は一切必要ありません。

「パートを辞めたい」と言えずに苦しんでいる主婦にとって、代わりに退職の意思を伝えてくれ、そのままパート先の人と連絡を取らずに退職できることは魅力的でしょう。

また、何度も退職の意思を伝えているのに辞めさせてもらえない場合も、直接伝える必要がないため、引き止めにあわずに辞められます。

面倒な書類の準備など必要なし

退職代行サービスを利用すると、退職時に必要な書類を準備する必要がありません。

また、退職後に必要となる源泉徴収票などの書類も、退職代行サービスに確認してもらうことで退職後の手続きもスムーズにおこなえます。

パート先で雇用保険に加入している主婦で失業保険を給付する場合は、退職前にパート先に離職証明書の提出や、退職後に離職票の発行をしてもらう必要があります。

こうした手続きも退職代行サービスがサポートしてくれるため、スムーズに進められます。

パート先の退職後に失業保険を受給する予定がある方は、自身でも失業保険の必要書類を把握しておくと安心です。

即日でパートを辞めることも可能

パートでも退職代行サービスを利用することで、即日退職が可能です。

「パート先の規約で1か月前までに申し出ることが文言されているから辞められない」と考えている主婦も多いでしょう。

実際は民法627条によって、期間の定めがない契約であれば2週間前に退職の旨を伝えることで退職できます。

2週間の期間を欠勤すれば実質の即日退職ができ、パート先によっては雇用主の合意で即日退職も可能です。

民法628条によって契約に定めがある場合は、やむを得ない理由がなければ退職できないと定められています。

しかし、退職代行サービスを利用することで穏便に辞められる可能性が高まります。

明日にでもパートを辞めたいと考えている方は、即日退職のリスクや退職代行サービス選びのポイントもあわせてチェックしてみてください。

パート退職まで一括してサポートしてくれる

退職代行サービスを利用するメリットとして、パート退職まで一括してサポートしてくれることも挙げられます。

また、パートでも有給消化できるため、退職代行サービスを利用し、残りの有給休暇を取得してから退職も可能です。

働いた年数や時間が長い場合は、欠勤する2週間すべて有給休暇にすることもできます。

パートを辞めたいと言いづらい方におすすめの退職代行サービス5選

スクロールできます
サービス名料金支払い方法返金保証対応時間即日退職
退職代行TORIKESHI
公式サイト
詳細ページ

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
辞めるんです
公式サイト
詳細ページ

一律27,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

LINE
24時間
リーガルジャパン
公式サイト

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
退職代行ニチロー
公式サイト
詳細ページ

一律28,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
退職代行ガーディアン
公式サイト
詳細ページ

一律29,800円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
※料金はすべて税込表示です

退職代行サービスを使うメリットを踏まえて、おすすめの退職代行サービスを5社紹介します。

料金やおすすめポイント、特徴について詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください

退職代行TORIKESHI

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行TORIKESHI」はLINEで手軽に利用できる退職代行サービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。

さらにアフターフォローも充実しているため、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金や失業保険のサポートなど任せられます。

また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証も魅力です。

退職代行の無料相談は、メールまたはLINEで24時間可能です。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に退職代行TORIKESHIへ相談してみましょう。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

辞めるんです

辞めるんです
出典元:辞めるんです
おすすめポイント
  • 追加料金無し
  • 退職率100%
  • 豊富な退職実績

「辞めるんです」は、業界初の後払い制を採用している退職代行サービスになります。

7,000件の実績件数と退職成功率100%を誇るうえで、万が一退職できない場合は料金がかかりません

顧問弁護士から業務指導を受けたサービスのため、弁護士法に違反せず業務範囲で最大限のサポートをしている点も安心です。

会社への対応は全て「辞めるんです」がおこなうので、依頼後は会社と一切連絡することなく退職できるでしょう。

退職完了後は、追加料金なしでアフターフォローが受けられる点も魅力です。

人手不足で退職を言い出しにくい方やストレスを抱えて出社できないという方は、ぜひ一度相談してみてください。

料金27,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行辞めるんですの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

リーガルジャパン

リーガルジャパン
出典元:リーガルジャパン
おすすめポイント
  • LINEで気軽に無料相談&即日退職可能(24時間対応)
  • 有給消化や退職後のサポート体制も充実
  • 全額返金保証あり

「リーガルジャパン」は、LINEで気軽に即日退職サポートを受けられる退職代行サービスです。

LINEで24時間いつでも無料相談ができるので、「今日にでも辞めたい……」と思い立ったタイミングで利用できます。

また労働組合が運営しているのでサポート面も充実しており、安心して利用できる点もうれしいポイントです。

充実のサポート体制
  • 有給消化に関する交渉に柔軟に対応
  • 退職届の作成サポート
  • 必要書類の受け取り
  • 無料の転職支援
  • 最大200万円を受け取れる失業保険のサポート

料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証サービスにも対応しているので、初めての方でも気軽に利用できます。

気軽かつスピーディーな退職代行サービスを探している方は、ぜひリーガルジャパンのLINE無料相談を利用してみてください。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

退職代行ニチロー

退職代行ニチロー
出典元:退職代行ニチロー
おすすめポイント
  • 会社への連絡不要
  • 有給取得サポートあり
  • 労働組合が運営

「退職代行ニチロー」は、日本労働調査組合が運営する退職代行サービスです。

団体交渉権を持っているので違法性もなく、会社との直接交渉が可能です。

トラブルを起こさず円満に退職できるのが魅力で、提携する弁護士・社労士・税理士などの専門家も退職をサポートしてくれます。

依頼者の都合に合わせて土日祝日や深夜でも柔軟に対応しているので、夜遅くまで働いている方も利用しやすい退職代行サービスです。

料金28,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行ニチローの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン
出典元:退職代行ガーディアン
おすすめポイント
  • 追加料金一切無し
  • 代理人として交渉可能
  • 東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合

「退職代行ガーディアン」が労働組合法人が運営する退職代行サービスです。

難易度の高いケースでも退職実績があり、なかなか辞めさせてもらえない場合でも組合が団体交渉して依頼者を守ります。

料金は一律で、雇用形態・地域・年齢などで変わることはありません。

さらに会社との対応は全てガーディアンにお任せできます。

退職届や貸与品の返却も郵送でおこなわれるので、上司への連絡は一切不要です。

退職代行を依頼しようか迷っている方は、LINEで気軽に相談してみましょう。

料金一律24,800円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行ガーディアンの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

まとめ

「まとめ」と書かれている白色の台紙

今回は、パートを辞めたいと言いにくい人におすすめの退職方法について解説しました。

退職の意思を伝える際に、できるだけ円満に辞めるためにも、辞める原因として職場環境や待遇、業務内容を使わずに家庭の事情を理由にすることが大切です。

また、自身と会社の負担をなるべく軽減するためにも、1か月前に退職の意思を伝えましょう。

自身で伝えられない場合は、退職代行サービスを利用して円満退職を目指してください。

【一覧表】人気の退職代行サービス14選

スクロールできます
サービス名料金支払い方法返金保証対応時間即日退職詳細
退職代行TORIKESHI
退職代行TORIKESHI

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
辞めるんです
辞めるんです

一律27,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
リーガルジャパン
リーガルジャパン

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
退職代行ニチロー
退職代行ニチロー

一律28,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
公式サイト
詳細ページ
退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン

一律24,800円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
公式サイト
詳細ページ
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび

一律55,000円

銀行振込

記載なし

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
退職代行jobs
退職代行Jobs

一律27,000円
(労働組合費2,000円)

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
現金翌月払い

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
※料金はすべて税込表示です

退職代行サービスについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行サービスのおすすめ人気ランキングもあわせてチェックしてみてください。

※本記事の情報は2023年11月時点のものです。 
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。 
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次