MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!
本サイトは 日本労働産業ユニオンによるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません。

総務が向いていない人の6つの特徴!退職を決断する判断基準は?

「総務の仕事、本当に自分に合ってるのかな…」
「毎日、書類作成や電話対応に追われて、疲れ切ってしまう…」
「他の部署の人たちとうまくコミュニケーションがとれない…」

もしかして、あなたもこんなことを感じたことはありませんか?

総務は、会社の縁の下の力持ち的な存在。社内の様々な部署とのパイプ役を務め、社内の潤滑油的な役割を担います。しかし、その分、仕事の範囲は広く、雑多な業務に追われがちです。

総務が向いていない人には、「コミュニケーションが苦手」「細かい作業が得意ではない」「マルチタスクが苦手」といった共通の特徴があるのです。

しかし、総務が向いていないからといって、すぐに退職を決断するのはおすすめできません。大切なのは、自分に合った仕事を見つけること。そのためには、自分の特性を理解し、強みを活かせる職種を探ることが重要です。

この記事では、総務が向いていない人の6つの特徴と、退職を決断する際の判断基準をお伝えします。きっと、あなたの悩みや不安に寄り添える情報が見つかるはずです。

タップできる目次

総務が向いていない人の6つの特徴

総務の仕事は、社内の様々な部署との調整や、幅広い業務をこなすことが求められます。そのため、特定のスキルや性格の人には向いていない職種だと言えるでしょう。ここでは、総務が向いていない人の特徴を6つ挙げていきます。

  • コミュニケーション能力が低い
  • マルチタスクが苦手
  • 細かい作業が得意ではない
  • 臨機応変な対応ができない
  • 気配りができない
  • 事務作業が好きではない

自分の性格や適性が総務の仕事と合っているか、しっかりと見極めることが大切です。もし、以下のような特徴に当てはまるようであれば、総務以外の職種を検討するのも一つの選択肢かもしれません。

総務が向いていない人の特徴1|コミュニケーション能力が低い

総務の仕事では、社内の様々な部署や人とコミュニケーションを取る必要があります。会議の設定、社内イベントの企画、社員からの問い合わせ対応など、人と関わる機会が非常に多いのが特徴です。

そのため、コミュニケーション能力が低い人は、総務の仕事に向いていないと言えるでしょう。相手の意図を汲み取ったり、自分の意思を適切に伝えたりすることが苦手な人は、総務の業務でストレスを感じやすくなります。

例えば、社員からの問い合わせに対して、的確な回答ができなかったり、会議の設定で各部署の都合を上手く調整できなかったりすると、業務に支障をきたす恐れがあります。

総務の仕事では、コミュニケーション能力が非常に重要なスキルの一つなのです。

総務が向いていない人の特徴2|マルチタスクが苦手

総務は、一つの業務に集中するというよりは、様々な業務を並行して進めていく必要があります。社内の様々な部署からの依頼や問い合わせに対応しつつ、自分の担当業務もこなさなければならないのです。

そのため、マルチタスクが苦手な人は、総務の仕事に向いていないと言えるでしょう。

一つのことに集中するのが得意な人にとっては、次から次へと舞い込んでくる依頼や問い合わせに振り回されてしまい、業務の効率が下がってしまう恐れがあります。

例えば、経費精算の処理をしている最中に、社員からの問い合わせ対応を求められたとします。マルチタスクが苦手な人は、経費精算の処理を中断せざるを得なくなり、結果的に両方の業務の進行が遅れてしまうことになりかねません。

総務が向いていない人の特徴3|細かい作業が得意ではない

総務の業務には、書類の作成や整理、データ入力など、細かい作業が多く含まれています。社員情報の管理、経費精算の処理、各種書類の作成など、正確性と丁寧さが求められる業務ばかりです。

そのため、細かい作業が得意ではない人は、総務の仕事に向いていないと言えるでしょう。ミスが許されない書類の作成や、膨大な量のデータ入力に集中力が続かない人は、総務の業務でストレスを感じやすくなります。

例えば、経費精算の処理で金額を誤って入力してしまったり、社員情報の更新で入力漏れがあったりすると、後々大きな問題に発展する恐れがあります。総務の仕事では、細かい作業を正確にこなすスキルが求められるのです。

総務が向いていない人の特徴4|臨機応変な対応ができない

総務の仕事では、予期せぬ出来事やトラブルに遭遇することがよくあります。急な来客対応、備品の故障、社員からのクレーム対応など、その場で適切な判断と行動が求められる場面が多いのです。

そのため、臨機応変な対応ができない人は、総務の仕事に向いていないと言えるでしょう。マニュアル通りの対応しかできない人や、急な変更に戸惑ってしまう人は、総務の業務でストレスを感じやすくなります。

例えば、重要な会議の直前に備品の故障が発覚した場合、適切な代替案を迅速に用意できないと、会議の進行に支障をきたす恐れがあります。総務の仕事では、臨機応変に対応できる柔軟性が求められるのです。

総務が向いていない人の特徴5|気配りができない

総務は、社内の様々な人との調整役を担う職種です。各部署の事情を踏まえつつ、全体の利益を考えて行動することが求められます。そのためには、相手の立場に立って考えたり、先を読んで行動したりする気配りが欠かせません

そのため、気配りができない人は、総務の仕事に向いていないと言えるでしょう。相手の気持ちを考えずに行動してしまう人や、自分の業務だけに集中してしまう人は、総務の業務でストレスを感じやすくなります。

例えば、社内イベントの企画で、特定の部署の事情を考慮せずにスケジュールを設定してしまうと、当日の参加率が低くなってしまう恐れがあります。総務の仕事では、気配りと配慮が欠かせないスキルなのです。

総務が向いていない人の特徴6|事務作業が好きではない

総務の業務には、事務作業が多く含まれています。書類の作成や整理、データ入力など、デスクワークが中心の職種だと言えるでしょう。黙々と事務作業をこなすことが求められる場面も少なくありません

そのため、事務作業が好きではない人は、総務の仕事に向いていないと言えるでしょう。じっくりと書類に向き合うことが苦手な人や、デスクワークに飽きてしまう人は、総務の業務でストレスを感じやすくなります。

例えば、長時間のデータ入力作業に集中力が続かず、ミスが多くなってしまうことも考えられます。総務の仕事では、事務作業に対する忍耐力と正確性が求められるのです。もし事務作業が好きではないと感じるのであれば、自分に合った別の職種を検討するのも一つの選択肢でしょう。

総務が向いていない人が退職を決断する4つの判断基準

総務の仕事が自分に合っていないと感じた場合、退職を視野に入れることも選択肢の一つです。ただし、簡単に退職を決断するのではなく、以下の4つの判断基準を参考にして、慎重に検討することが大切でしょう。

  • 仕事のストレスで心身の健康を害している
  • 上司に相談しても改善の見込みがない
  • 社内で他に適性に合う部署がない
  • 他社への転職で自分の可能性を広げられる

これらの判断基準について詳しくみていきましょう。

仕事のストレスで心身の健康を害している

総務の仕事に向いていないと感じる人の中には、業務でのストレスから心身の健康を害している人もいるかもしれません。例えば、過度な長時間労働による肉体的な疲労や、対人関係の悩みからくるメンタル不調などです。

東京都労働相談情報センターによると、「仕事のストレスによる心の健康問題」に関する相談が年々増加傾向にあるとのことです。

もし、総務の仕事が原因で心身の健康を害していると感じるのであれば、退職を真剣に検討する必要があるでしょう。

健康あっての仕事だからこそ、自分の体と心を優先することが何より大切なのです。我慢を重ねるよりも、早めに行動を起こすことが賢明だと言えます。

※働く人のメンタルヘルスガイド:https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/shiryo/mental2023.pdf

上司に相談しても改善の見込みがない

総務の仕事につまずいている場合、まずは上司に相談してみることをおすすめします。自分の悩みや不安を率直に伝え、業務改善のアドバイスをもらうのです。上司との良好なコミュニケーションが、問題解決の第一歩となります。

しかし、上司に相談しても、業務の改善や環境の変化が見込めないケースもあるでしょう。

例えば、人員不足による慢性的な残業や、上司との人間関係の悪化などが挙げられます。このような状況が長く続くようであれば、退職を検討するべきかもしれません。

改善の見込みがない職場環境で働き続けることは、自分の成長や可能性を狭めてしまう恐れがあります。上司との相談を経ても状況が変わらないのであれば、思い切って新しい環境に挑戦してみるのも一つの選択肢だと言えるでしょう。

社内で他に適性に合う部署がない

総務の仕事が自分に合わないと感じた場合、社内の他部署への異動を検討してみるのも一つの方法です。自分の適性やスキルに合った部署があれば、そちらにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

しかし、社内に自分の適性に合う部署がないケースも考えられます。会社の規模や業種によっては、総務以外の選択肢が限られていることもあるでしょう。

そのような状況であれば、社内での異動よりも、他社への転職を視野に入れるべきかもしれません。

自分の可能性を広げるためには、所属する組織にとらわれず、柔軟な視点を持つことが大切です。社内に適した部署がないのであれば、思い切って外の世界に飛び出してみるのも一つの選択肢だと言えるでしょう。

他社への転職で自分の可能性を広げられる

総務の仕事に限界を感じている人にとって、他社への転職は自分の可能性を広げるチャンスかもしれません。新しい環境に身を置くことで、これまでとは違った業務や人間関係を経験できるからです。

転職することで、自分の適性やスキルを活かせる職種や部署を見つけられるかもしれません。例えば、総務の経験を活かして人事部門に転職したり、営業事務として新しいキャリアにチャレンジしたりするのです。

ただし、転職には十分な準備と慎重な判断が求められます。自分の強みや目指すキャリアをしっかりと分析し、転職先の企業研究を入念に行うことが大切でしょう。

総務の仕事で培ったスキルを活かせる企業を見つけることが、転職成功の鍵を握ります。

総務が向いていないと感じたら取るべき4つのステップ

総務の仕事が自分に合っていないと感じたら、以下の4つのステップを踏んで、自分の適性とキャリアを見つめ直してみましょう。

  • 総務の仕事内容と自分の適性のミスマッチに気づく
  • 上司に相談し、改善や配置転換の可能性を探る
  • 他部署や他社への転職を視野に入れて準備する
  • 退職代行サービスの利用を検討し、円滑な退職を目指す

焦らず、一歩ずつ前に進むことが大切です。

総務の仕事内容と自分の適性のミスマッチに気づく

総務の仕事が向いていないと感じたら、まずは自分の適性を見つめ直すことから始めましょう。総務の業務内容を改めて整理し、自分の強みや弱み、興味や関心との照らし合わせてみるのです。

例えば、コミュニケーション能力に自信がない人や、細かい作業が苦手な人は、総務の業務に向いていないサインかもしれません。逆に、マルチタスクが得意で、臨機応変な対応力がある人は、総務の仕事に適しているとも言えるでしょう。

自分の性格や適性を冷静に分析することで、総務の仕事とのミスマッチに気づくことができます。自己分析を通して、自分に合った仕事や働き方を見つけることが、キャリア形成の第一歩となるのです。

上司に相談し、改善や配置転換の可能性を探る

総務の仕事に悩んでいる場合、一人で抱え込まずに、上司に相談してみることが大切です。自分の適性や課題について率直に伝え、業務の改善や配置転換の可能性を探るのです。

例えば、業務内容の見直しや、人員配置の変更など、上司の立場から改善策を提案してもらえるかもしれません。

また、社内の他部署への異動の可能性について相談するのも一つの方法です。上司との良好なコミュニケーションが、問題解決への第一歩となります。

ただし、上司に相談しても改善の見込みがない場合は、他の選択肢を検討する必要があるでしょう。配置転換や他社への転職など、自分のキャリアを主体的に考える姿勢が求められます。

他部署や他社への転職を視野に入れて準備する

社内での改善や配置転換の可能性が低いと判断した場合は、他部署や他社への転職を視野に入れて準備を進めましょう。自分の適性やスキルを活かせる職種や企業を探すのです。

まずは、自己分析を深めることから始めます。自分の強みや弱み、興味や関心を整理し、どのような仕事に向いているかを見定めるのです。

その上で、転職先の業界や企業、職種について情報収集を行い、自分に合った選択肢を絞り込んでいきます。

転職活動では、履歴書や職務経歴書の準備、面接対策など、様々な準備が必要となります。総務の経験を活かせるアピールポイントを整理し、自分の強みを効果的に伝えられるよう準備することが大切でしょう。

退職代行サービスの利用を検討し、円滑な退職を目指す

転職を決意した場合、円滑な退職手続きを行うことが求められます。しかし、上司との関係性によっては、退職の意思を伝えづらいケースもあるかもしれません。そのような場合は、退職代行サービスの利用を検討してみるのも一つの方法です。

退職代行とは、退職手続きを代行してくれるサービスのことです。「退職代行torikeshi」など、様々な事業者が退職代行サービスを提供しています。専門家に退職手続きを任せることで、円滑かつスムーズな退職が可能となるでしょう。

ただし、退職代行サービスの利用は、あくまでも最後の手段と考えるべきです。可能な限り、自分の力で退職手続きを進めることが理想的だと言えます。上司との信頼関係を築きつつ、誠実に退職の意思を伝えることが大切なのです。

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行TORIKESHI」はLINEで手軽に利用できる退職代行サービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。

さらにアフターフォローも充実しているため、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金や失業保険のサポートなど任せられます。

また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証も魅力です。

退職代行の無料相談は、メールまたはLINEで24時間可能です。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に退職代行TORIKESHIへ相談してみましょう。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

総務の仕事におけるよくある悩みと対処法4つ

総務の仕事には、様々な悩みやストレスがつきものです。ここでは、総務の仕事におけるよくある悩みと、その対処法を4つ紹介します。

「雑務が多くて忙しい」|優先順位をつけて効率的に

総務の業務には、書類の作成や整理、備品の管理など、雑多な業務が多く含まれています。

そのため、「雑務が多くて忙しい」と感じる人も少なくないでしょう。このような悩みを抱えている場合は、業務の優先順位をつけて、効率的に進めることが大切です。

緊急性や重要性の高い業務から着手し、締め切りが近い仕事を優先的に処理するのです。また、定型業務については、マニュアル化やテンプレートの活用により、効率化を図ることも有効でしょう。

業務の優先順位を適切に判断し、メリハリをつけて仕事を進めることが、多忙な総務の業務をこなすコツだと言えます。

「人間関係が大変」|コミュニケーション力を磨く

総務は、社内の様々な部署や人との調整役を担う職種です。そのため、「人間関係が大変」と感じる人も少なくないでしょう。上司や同僚、他部署の社員など、多くの人とコミュニケーションを取る必要があるからです。

このような悩みを抱えている場合は、コミュニケーション力を磨くことが大切です。相手の立場に立って考え、適切な言葉遣いや態度で接するよう心がけるのです。

また、日頃からコミュニケーションを積極的に取り、信頼関係を築いておくことも重要でしょう。

良好な人間関係は、総務の仕事を円滑に進めるための基盤となります。コミュニケーション力を高め、多くの人と協力しながら業務を遂行する姿勢が求められるのです。

「責任の重さやプレッシャー」|ストレス管理を心がける

総務は、社内の様々な業務に関わる重要な職種です。そのため、「責任の重さやプレッシャー」を感じる人も少なくないでしょう。ミスが許されない業務も多く、常に緊張感を持って仕事に臨む必要があるからです。

このような悩みを抱えている場合は、ストレス管理を心がけることが大切です。業務の合間に深呼吸をしたり、適度な運動を取り入れたりして、心身のリフレッシュを図るのです。また、上司や同僚に悩みを相談し、ストレスを共有することも有効でしょう。

一人で抱え込まずに、周囲の支えを借りながらストレスと向き合うことが重要です。メンタルヘルスを大切にし、心身ともに健康な状態で仕事に取り組む姿勢が求められるのです。

「キャリアパスが限定的」|異動やスキルアップを検討する

総務は、社内の様々な業務をサポートする縁の下の力持ち的な存在です。そのため、「キャリアパスが限定的」と感じる人も少なくないでしょう。総務の経験を活かせる職種や部署が限られているからです。

このような悩みを抱えている場合は、社内の他部署への異動や、スキルアップを検討してみるのも一つの方法です。総務で培った調整力やマネジメント力は、他部署でも活かせるスキルだと言えます。また、業務で必要なスキルを身につけることで、社内での評価や活躍の場が広がるかもしれません。

自分のキャリアを主体的に考え、様々な可能性にチャレンジする姿勢が大切です。総務の経験を土台に、新しいスキルや視点を身につけることが、キャリアアップへの第一歩となるでしょう。

まとめ

総務が向いていない人の特徴として、コミュニケーション能力の低さ、マルチタスクの苦手意識、細かい作業への不向き、臨機応変な対応力の欠如、気配りの無さ、事務作業への苦手意識などが挙げられます。

もし、総務の仕事が自分に合わないと感じたら、心身の健康状態、上司との相談、社内の他部署の有無、他社への転職可能性などを判断基準として、退職を検討するのも一つの選択肢でしょう。

総務が向いていないと感じたら、自分の適性と総務の業務内容のミスマッチに気づくことから始めます。上司への相談、他部署や他社への転職準備、退職代行サービスの利用など、状況に応じた対処法を検討するのです。

総務の仕事には、雑務の多さ、人間関係の難しさ、責任の重さ、キャリアパスの限定性など、様々な悩みが付きまといます。業務の優先順位付け、コミュニケーション力の向上、ストレス管理、スキルアップなど、適切な対処法を実践することが求められるでしょう。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次