MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!

会社・仕事を辞めたい!と思った時の対処法とは?おすすめの退職サービス5選も紹介!

アイキャッチ
読者

「会社を辞めたいけど、なかなか言い出せない……」
「上司に怒られず、円満に退職する方法はないかな?」

会社を去ることを望みつつも、その意思を伝えきれずにいる方にとって、「退職代行サービス」の活用は有効な選択肢の一つと言えます。

退職を躊躇する理由は人それぞれですが、「上司との面談が苦手」「退職後の生活に不安を感じる」といったケースが多いようです。

転職を視野に入れている方は、円滑に退職するためのノウハウや、退職の決意に至った経緯を見つめ直すことが大切です。また、信頼できる退職代行サービスを利用することで、スムーズな退職が実現できるでしょう。

本記事では、厳選した5つの退職代行サービスをご紹介いたします。現在の職場を早期に離れたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行サービス3選

LINEで24時間
無料相談OK!
退職成功率100%の実績◎お得な料金帯で
即日退職可能!
退職代行TORIKESHI
退職代行TORIKESHI
辞めるんです
辞めるんです
リーガルジャパン
リーガルジャパン
【料金】

25,000円
【料金】

27,000円
【料金】

25,000円
【退職交渉】
【退職交渉】
【退職交渉】
【サポート】

LINE対応
即日退職
返金対応
転職支援
【サポート】

LINE対応
即日退職
全国対応
後払いOK
【サポート】

LINE対応
即日退職
返金対応
転職支援
公式サイト公式サイト公式サイト
※料金はすべて税込表示です
タップできる目次

会社・仕事を今すぐ辞めたいなら「退職代行TORIKESHI」がイチオシ!

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行TORIKESHI」はLINEで手軽に利用できる退職代行サービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。

さらにアフターフォローも充実しているため、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金や失業保険のサポートなど任せられます。

また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証も魅力です。

退職代行の無料相談は、メールまたはLINEで24時間可能です。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に退職代行TORIKESHIへ相談してみましょう。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

会社を辞めたいと思う理由とは?

会社を辞めたいと思う理由は、精神的な負担が大きい、肉体的にしんどいなどさまざまです。

代表的な理由は6つあります。

順番に詳しく解説します。

職場の人間関係

会社を辞めたいと思う理由のなかで最も多いのは、「職場の人間関係」でしょう。

希望の仕事に就けたとしても、職場の人間関係が悪いとストレスがたまり、働き続けることが辛くなります。

やりたい仕事だったはずなのに苦痛になり、無理して続けると体調を崩すことにもなりかねません。

学生の頃は付き合う友達などは自由に選べていましたが、社会人になると就職先は選べても職場の上司や同僚を選ぶことは難しくなります。

そのため、職場の人と気が合わなかったとしても、仕事をしている間は付き合っていく必要があります。

このように一緒に仕事をする人が選べない状況から、職場の人間関係が原因で辞めたくなる方が多いでしょう。

理不尽な叱責・パワハラ

理不尽な叱責やパワハラによって、仕事を辞めたくなる方もいるかもしれません。

理不尽なことを理由に自身は悪くないのに怒られたり、謝罪を要求されたりする状況は、誰でもストレスを抱えやすくなります。

上司から理不尽な扱いをされた場合、立場的に反論もしづらいでしょう。

我慢して耐えるしかない状況では、精神的に負担がたまり辞めたくなる可能性があります。

上司から不当な扱いを受けている方は、パワハラを理由に退職する際の注意点、辞める前にやるべきこともあわせてチェックしてみてください。

休日出勤や残業が多い

会社によっては、休日出勤や残業が多い職場もあるでしょう。

厚生労働省の働き方改革などにより残業を減らす動きはありますが、残業が減らされていない企業があるのも事実です。

勤務時間内に仕事が終わらなければ、残業代なしで夜遅くまで働いている方もいるかもしれません。

休日出勤や残業が増えると家に帰ってもゆっくり過ごす時間がないため、疲れが取れない場合もあります。

このように、自由な時間も取れずに毎日朝から夜遅くまで働かされる状況から、精神的に追い詰められて仕事を辞めたくなる方もいるでしょう。

正当な評価を受けていない

仕事で頑張って実績を増やしても正当な評価をされない会社にいると、モチベーションが下がり辞めたくなる場合があります。

実力ではなく勤続年数で評価される企業では、成果をあげても評価してくれないケースもあるようです。

真面目に頑張っていてもキャリアアップを見込めない環境では、将来的にも不安がつのって転職を考えても仕方ありません。

仕事量に見合わず給料が安い

自身の給料への不満から仕事を辞めたくなる方も多くいるでしょう。

責任がある仕事や、重労働できつい仕事なのに、給料が安く割に合わないと感じる場合もあります。

勤務時間は長いにもかかわらずサービス残業が多い職場では、時給換算するととても安いと感じることもあります。

また、同年代や同業種の平均年収と比較して、自身の給料は安いと知ったことがきっかけで辞めたくなる方もいるでしょう。

やりがいを感じることができない

仕事にやりがいを感じられないと、職場に行くことが苦痛になります。

たとえば、入社前に聞いていた待遇と異なっていたり、いざ働いてみたら自身のやりたい仕事ではなかったと気づいたりした場合、やりがいを感じられなくなるかもしれません。

ほかにも、毎日同じことの繰り返しで単調な仕事をつまらなく感じ、自身に向いていないと気づくケースもあります。

会社を辞める前に確認するポイント

会社を辞めたいと思っても、衝動的に辞めると収入が途絶え、後悔する可能性があります。

次の項目では、会社を辞める前に確認しておくべきことを解説します。

一度冷静になって確認してみると自身のやるべきことや目標がわかり、解決策を見つけられる場合もあるため、ぜひ参考にしてみてください。

最低3か月分の生活費を用意しておく

すぐに次の仕事がはじまらない方や、これから転職活動をする方は、最低でも3か月分の生活費は確保しておきましょう。

仕事を辞めると当然ですが収入はなくなります。家賃、食費、光熱費など生活するうえで必要最低限かかる生活費は、収入とは関係なく毎月出ていくお金です。

安心して転職活動をしたい方は、退職してから新しい仕事がはじまるまでに必要な費用を把握しましょう。

社会保険料や住民税も負担が大きいため、生活費や貯金がない方は余裕を持った資金準備が大切です。

しかし、精神的に辛いことがある方は、無理して働き続けると心身の病気になる可能性もあります。

すぐに辞めた方がよい状況の場合は、転職先が決まるまでアルバイトやパートタイムで収入を得る方法もあります。

本当に辞めてもいいかメリット・デメリットを整理する

仕事を辞める場合と続ける場合の、メリットとデメリットを整理してみましょう。

衝動的に辞めたくなった場合や、ずっと我慢しつづけて耐えられなくなった場合など、仕事を辞めたい理由は人それぞれです。

たとえば会社を辞める場合は、残業から解放されたり、気があわない会社の人間に会わなくてすむようになったりするなどのメリットが挙げられます。

デメリットは、収入が途絶えたり、転職活動をする必要が生じたりすることです。

反対に、仕事を続ける場合のメリットは収入が途絶えないことが挙げられます。デメリットは嫌な人間関係や残業など、現状の不満を解消できないことです。

辞める場合と続ける場合で比較して、自身にとって最善の方法を選択しましょう。

退職の意志を家族に伝えておく

仕事を辞めたいと思ったときは、家族に退職したい意思を伝えてみましょう。

配偶者や家族と話し合わずに自己判断で仕事を辞めると、信頼関係に亀裂が入る可能性があります。

トラブルが起こるリスクを回避するためにも、正直に打ち明けることが大切です。

家族に伝えることで一緒に解決策を考えてくれたり、話を聞いてもらって気が楽になったりする場合もあります。

ただし、職場では退職について事前に伝えないようにしましょう

同僚や後輩に話すと、自身で退職する意思を上司に話す前に、別の人間から伝わる場合があるためです。

退職理由はキャリアアップなど前向きな理由にする

会社を辞めるときには、どのような退職理由を伝えるかが重要です。

上司に退職の意志を伝えるときは、できるだけポジティブな理由を伝えましょう。

上司や会社に不満があったとしても、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

キャリアアップなど前向きな理由を話す方が、会社側も引き止めづらくなります。

反対に残業が多い、やりがいが感じられないなどのネガティブな理由を伝えると、好条件を引き合いに出し言いくるめられる可能性があります。

前向きな理由が見つからない場合は、辞めたい理由をポジティブに変換することがおすすめです。

会社を円満に退職する方法・流れ

会社を辞めたあとに転職先でスムーズに仕事を始められるよう、今の会社とは円満に退職したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、職場の人間関係や上司によるパワハラなどが原因の場合は、円満に退職するのは難しいと考える方も多いでしょう。

次の項目では、会社を円満に退職するまでの流れを5ステップで紹介します。

おおよその流れを把握することで、イメージができてスムーズに退職できるため、ぜひ参考にしてみてください。

1:退職の1〜3か月前に申し出る

退職を決めたら、転職活動を含めて余裕を持ってスケジュールを立てましょう。

法的には、2週間前までに申告をすれば退職はできます。

しかし、実際は引き継ぎなどの期間を考慮した場合、1〜3か月前に退職する意思を上司に伝えるのが適切です。会社も余裕を持って業務の引き継ぎ準備ができるため、円満な退職につながります。

反対にギリギリになって退職を伝えると、誰かが業務を負担することになり、会社の不利益となるケースもあるため注意が必要です。

上司に退職を伝えるときは、休憩中や終業後など落ち着いて話ができる空間で、自身の意思を伝えましょう。

退職の意思は同僚や部下には安易に話すことはせずに、直属の上司に話すことで、退職届けの提出もスムーズになります。

2:退職日の決定・退職届の提出

退職を申し出た後に、上司と相談して具体的な退職日を決めます。

転職先が決まっている場合は、入社日までに退職できるように調整しましょう。

また、有給休暇が余っていたら、有給休暇の日数も含めて退職日を調整する必要があります。

上司に退職の意志を伝える段階では退職届を用意する必要はなく、退職日が決定した後に準備するのが一般的です。

会社によっては退職届の指定フォーマットが決められている場合があるため、事前に確認が必要です。

退職を申し出たときに上司に確認しておくと、二度手間にならずにスムーズに退職届の準備をおこなえるでしょう。

3:引き継ぎ

退職届が受理された後は、退職する日までに残っている仕事を消化したり、仕事の引き継ぎをしたりする必要があります。

引き継ぎ用の資料を作成し、スケジュールを立てます。

自身の後に業務をする人がわかりやすいように段取りをし、進捗状況やクライアントの特徴などの資料を作成しましょう。

また、クライアントに迷惑のかからないように配慮するのも会社のために必要なことです。

責任を持って最後まで引き継ぎをやり遂げましょう。退職日より3日以上前に引き継ぎを完了させるのがおすすめです。

4:社内外への挨拶

一般的には、退職のおおよそ1週間から2週間前に社内外への挨拶周りをおこないます。

クライアントを任されている場合は、業務を引き継ぐ予定である方と一緒に取引先に挨拶に行くことで、後の業務がスムーズに行えます。

クライアントや取引先に退職理由や転職先を具体的に伝える必要はありません。

しかし、何度も聞いてくる場合は、落ち着いたときに連絡する旨を伝えて、うまく話をかわすことをおすすめします。

クライアントへの挨拶を手紙でおこなう場合は、挨拶状の準備もしておきましょう。

5:退職当日に備品の返却

退職日当日は、デスクや使用していた身の回りのものを整理します。

そして、会社で使用していた備品は返却します。持ち帰る荷物が多い場合は、何日かに分けておこなうのがおすすめです。

デスクやロッカーなど共有で使用するものは、次に使用する方のためにきれいな状態にしておきましょう。

会社を辞めたいと感じた場合の3つの対処法

会社を辞めたいけれど、何から始めればよいのかわからない方もいるでしょう。

次に、会社を辞めたいと思ったときの対処法を3つ紹介します。

会社を辞めたい理由を紙に書き出す

まずは、辞めたい理由となった状況などを細かくノートなどの紙に書き出してみましょう。

言語化することで辞めたい原因を冷静に分析できる

職場の人間関係やサービス残業が多いなど、会社が原因になっている場合は、転職した方がよい未来が想像できるでしょう。

しかし、能力不足で叱られるから行きたくない、そもそも働きたくないなど、自身が原因である場合は退職をしてもまた同じ状況に陥る可能性もあります。

このように、言語化により考えを冷静に分析でき、自身と向き合うことがストレス解消につながるケースもあります。

会社のよいところも書き出してみる

会社の悪いところばかりではなく、同僚や後輩とはよい関係が築けているなど、会社のよいところも一緒に書き出してみましょう。

よいところが見つからない場合は、ほかの会社と比較してみると見つけやすくなります。

考え方次第で原因を解決、改善できる方法が見つかる場合もあるため、紙に書き出して冷静に分析してみてください。

20代・30代・40代の将来の目標を考える

20代、30代、40代の将来の目標を考えるのもおすすめです。

将来は独立したい、年収いくらを目標にしたいなど、人により将来の目標は異なります。

具体的に将来の目標を考えることで、今の会社で働き続けることは自身の将来にプラスになるのかどうかを冷静に判断できます。

たとえば、今の給料はいいけれど、今後キャリアアップはできないような会社の場合は将来的にはあまり期待ができません。

しかし、転職したからといって必ずキャリアアップができるとも限りません。

その場合は前の項目で紹介したノートや紙に書き出した辞めたいと思う理由と比較してみましょう。

自身にとってプラスになるよう、総合的な判断をおすすめします。

目標達成のためにできることを書き出す

将来の目標を決めた後、目標達成のためにできることを細かく書き出してみましょう。

目標から具体的な期限や数字をまとめてみるのがおすすめです。

今の会社で働き続ける方が収入アップする可能性があるのなら、辞めることを考え直してみるのもよいでしょう。

しかし、精神的な理由で辞めたい場合は、今後の仕事にも影響するため現状を変える選択も大切です。

今後やりたいことが明確に決まっていて、今の会社では実現できそうにないのであれば、転職に踏み切るとよいでしょう。

人間は変化を嫌うため、現状を変えるのはとても勇気がいることです。

数年後、数十年後の未来を想像してみて、自身にとってよりよいと思う決断をしましょう。

転職エージェントに登録し転職活動を始める

会社を辞めたいと思ったときは、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

転職エージェントでは、現在の状況やこれまでの経歴、希望している職種など転職に関する相談を受けられます。

そのため、カウンセリングした内容をもとに、自身に合った就職先を提案してもらえることがメリットです。

転職活動を始めることで、不安な気持ちを解消できる可能性もあります。

転職エージェントは、入社まで依頼者をサポートしてくれるため、転職に不安がある方もまずは相談してみましょう。

適切なアドバイスを提案してもらうことで、自身の今後のやりたいことも見つけられるでしょう。

転職エージェントへの登録を考えている方は、転職に失敗して辞めたいと後悔しないためのコツもあわせてチェックしてみてください。

会社を辞められないと思う理由とは?

会社を辞めたいけど、辞められないと感じている方も多いでしょう。

次に、会社を辞められない主な理由を5つ紹介します。

順番に詳しく解説します。

上司が怖くて言い出せない

上司が怖くて退職する意思を伝えられないために、会社を辞められない人は多くいるでしょう。

上司からの理不尽な扱いやトラブルが仕事を辞めたい原因の場合、辞める意志を伝えることはより難しくなります。

しかし、直接言えないからとメールで伝えるのはおすすめしません。

メールで伝えた場合、後日受理してもらえない可能性があるからです。

上司が怖くて退職を言い出せない方には、退職代行サービスを利用する方法がおすすめです。

退職代行サービスについては、後半で紹介します。

上司が怖くて退職を切り出せない方は、仕事を辞めたいと言えない場合の対処法もぜひ参考にしてみてください。

会社から強く引き留められている

勇気を出して辞めると伝えても、会社から引き止められる場合もあります。

待遇の改善を引き合いに出されると、余計に辞めづらくなる場合もあるでしょう。

とくに流されやすい性格の方は、強く断ることも勇気がいるため難しくなります。

会社の人材不足

業務の量や残業の多さや人手不足が原因の場合、自身が辞めた後に迷惑がかかる可能性があるため、辞めたいと言い出せないケースもあります。

職場内の人間関係に問題がない場合は、親切にしてもらった同僚などに負担がかかることを避けたいと思う場合もあるでしょう。

責任感が強い方は、自身の気持ちが後回しになる場合も多いです。

また、人材不足が原因で引き止められるのでは、と不安で言い出せない方もいます。

転職が不安

まだ転職先が決まっていないことが理由で、不安で辞められない方も多くいるでしょう。

会社に辞める意志を伝えても、すぐに転職先が決まるとは限りません。

不安でなかなか行動に移せないことが原因で、辞められなくなる場合もあるでしょう。

退職の意志を伝えた後が気まずくなる

職場の方に退職を知られた場合、関係が気まずくなるのではと不安になり、辞められない方もいます。

職場の人間関係がよい場合でも、辞めると話した途端に態度を変えられたり、気まずくなる可能性もあります。

このようなネガティブな想像をして不安になり、辞められないケースも多いでしょう。

辞めたいけど辞められない方へ!退職代行サービスがおすすめの理由

前述のような理由で辞めたいけど辞められない方におすすめなのが退職代行サービスです。

おすすめな理由は3つあります。

順番に詳しく解説します。

即日退職できる

退職代行サービスを利用すると、最短で即日に退職ができます

退職までに日数が必要な場合も、有給休暇などを消化したあとに辞められることがあります。

精神的に辛くて会社に行きたくない方は、退職代行サービスの利用により、ストレスを抱える必要がなく心理的負担を減らせるメリットがあります。

本当に明日から出社しなくてもよいのか信じられない方は、退職代行で即日退職が可能な理由もあわせてチェックしてみてください。

未払い残業代や退職金の交渉をしてもらえる

未払いの残業代や退職金は、労働者に与えられた権利であるため、会社は拒否できません。

退職代行サービスを利用する際に交渉が必要な方は、事前に希望を申し出ておきましょう。

退職代行サービスは、弁護士、労働組合、一般企業の3種類に分けられます。

未払い請求に関しては、労働基準監督署に相談または弁護士に依頼する方法があります。

なかでも弁護士が関わる退職代行サービスは、個人ではできない会社との交渉も含め、すべてのトラブルに対応可能です。

会社や上司に会わずに退職の手続きを進められる

退職代行サービスをおすすめする1番の理由は、会社に出向いたり上司に会ったりする必要がなく退職の手続きを進められるところです。

パワハラや社内で理不尽な扱いを受けているときは、退職の意志を伝えることすら億劫になります。

しかし、退職代行サービスを利用すれば業者がすべて手続きをおこなってくれるため、直接伝えられない、上司に会いたくない依頼者には最大のメリットになります。

会社・仕事を辞めたい方におすすめの退職代行サービス5選

スクロールできます
サービス名料金支払い方法返金保証対応時間即日退職
退職代行TORIKESHI
公式サイト
詳細ページ

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
辞めるんです
公式サイト
詳細ページ

一律27,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

LINE
24時間
リーガルジャパン
公式サイト

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
退職代行ニチロー
公式サイト
詳細ページ

一律28,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
退職代行ガーディアン
公式サイト
詳細ページ

一律29,800円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
※料金はすべて税込表示です

退職代行選びのポイントを踏まえて、おすすめの退職代行サービスを5社紹介します。

料金やおすすめポイント、特徴について詳しく解説するため、ぜひチェックしてみてください。

退職代行TORIKESHI

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行TORIKESHI」はLINEで手軽に利用できる退職代行サービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。

さらにアフターフォローも充実しているため、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金や失業保険のサポートなど任せられます。

また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証も魅力です。

退職代行の無料相談は、メールまたはLINEで24時間可能です。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に退職代行TORIKESHIへ相談してみましょう。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

辞めるんです

辞めるんです
出典元:辞めるんです
おすすめポイント
  • 追加料金無し
  • 退職率100%
  • 豊富な退職実績

「辞めるんです」は、業界初の後払い制を採用している退職代行サービスになります。

7,000件の実績件数と退職成功率100%を誇るうえで、万が一退職できない場合は料金がかかりません

顧問弁護士から業務指導を受けたサービスのため、弁護士法に違反せず業務範囲で最大限のサポートをしている点も安心です。

会社への対応は全て「辞めるんです」がおこなうので、依頼後は会社と一切連絡することなく退職できるでしょう。

退職完了後は、追加料金なしでアフターフォローが受けられる点も魅力です。

人手不足で退職を言い出しにくい方やストレスを抱えて出社できないという方は、ぜひ一度相談してみてください。

料金27,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行辞めるんですの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

リーガルジャパン

リーガルジャパン
出典元:リーガルジャパン
おすすめポイント
  • LINEで気軽に無料相談&即日退職可能(24時間対応)
  • 有給消化や退職後のサポート体制も充実
  • 全額返金保証あり

「リーガルジャパン」は、LINEで気軽に即日退職サポートを受けられる退職代行サービスです。

LINEで24時間いつでも無料相談ができるので、「今日にでも辞めたい……」と思い立ったタイミングで利用できます。

また労働組合が運営しているのでサポート面も充実しており、安心して利用できる点もうれしいポイントです。

充実のサポート体制
  • 有給消化に関する交渉に柔軟に対応
  • 退職届の作成サポート
  • 必要書類の受け取り
  • 無料の転職支援
  • 最大200万円を受け取れる失業保険のサポート

料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証サービスにも対応しているので、初めての方でも気軽に利用できます。

気軽かつスピーディーな退職代行サービスを探している方は、ぜひリーガルジャパンのLINE無料相談を利用してみてください。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

退職代行ニチロー

退職代行ニチロー
出典元:退職代行ニチロー
おすすめポイント
  • 会社への連絡不要
  • 有給取得サポートあり
  • 労働組合が運営

「退職代行ニチロー」は、日本労働調査組合が運営する退職代行サービスです。

団体交渉権を持っているので違法性もなく、会社との直接交渉が可能です。

トラブルを起こさず円満に退職できるのが魅力で、提携する弁護士・社労士・税理士などの専門家も退職をサポートしてくれます。

依頼者の都合に合わせて土日祝日や深夜でも柔軟に対応しているので、夜遅くまで働いている方も利用しやすい退職代行サービスです。

料金28,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行ニチローの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン
出典元:退職代行ガーディアン
おすすめポイント
  • 追加料金一切無し
  • 代理人として交渉可能
  • 東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合

「退職代行ガーディアン」が労働組合法人が運営する退職代行サービスです。

難易度の高いケースでも退職実績があり、なかなか辞めさせてもらえない場合でも組合が団体交渉して依頼者を守ります。

料金は一律で、雇用形態・地域・年齢などで変わることはありません。

さらに会社との対応は全てガーディアンにお任せできます。

退職届や貸与品の返却も郵送でおこなわれるので、上司への連絡は一切不要です。

退職代行を依頼しようか迷っている方は、LINEで気軽に相談してみましょう。

料金一律24,800円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行ガーディアンの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

まとめ

この記事では、会社を辞めたい方への対処法から、会社を辞めたくても辞められない方におすすめの退職代行サービスの紹介をしました。

  • 会社を辞めたい理由、辞められない理由を整理する
  • 会社を辞めるときと続けるときのメリット・デメリットを比較する
  • 退職をすると決めたら転職活動や家族に伝えたり、退職に向けての準備をする
  • 辞めたくても辞められない場合は退職代行サービスを利用することで負担が減る

仕事を辞めたい理由は人それぞれです。辞めたいと思ったら、自身の状況や理由と向き合い、冷静に分析してから対処法を考えることが大切です。

自身で解決できない場合は、退職代行サービスに頼るのもおすすめです。

考えすぎて精神的な負担にならないよう、自身にとってベストな選択をしましょう。

【一覧表】人気の退職代行サービス14選

スクロールできます
サービス名料金支払い方法返金保証対応時間即日退職詳細
退職代行TORIKESHI
退職代行TORIKESHI

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
辞めるんです
辞めるんです

一律27,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
リーガルジャパン
リーガルジャパン

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
退職代行ニチロー
退職代行ニチロー

一律28,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
公式サイト
詳細ページ
退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン

一律24,800円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
公式サイト
詳細ページ
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび

一律55,000円

銀行振込

記載なし

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
退職代行jobs
退職代行Jobs

一律27,000円
(労働組合費2,000円)

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
現金翌月払い

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
※料金はすべて税込表示です

退職代行サービスについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行サービスのおすすめ人気ランキングもあわせてチェックしてみてください。


※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次