MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!

医者を辞めたい!医者からの転職におすすめの業種・職種や辞められない場合の解決策を徹底解説!

医者を辞めたい!医者からの転職におすすめの業種・職種や辞められない場合の解決策を徹底解説!
読者

「頑張って勉強してきたけど、医者を辞めたい……」
「うちの病院は医者不足だし、上司に言いにくいな……」

上記のような悩みを抱える方には、退職手続きをしてくれる「退職代行サービス」を活用して、次のステップに進むことをおすすめします。

労働環境や過度なストレスなどが原因で「医者を辞めたい」と考え、新しい道を歩もうと考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では医者を辞めたい方に向けて、転職におすすめの業種・職種や注意すべきポイントについて解説します。

辞められない場合の解決策としておすすめの退職代行サービスも5つ紹介するので、新しいキャリアを歩みたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行サービス3選

LINEで24時間
無料相談OK!
退職成功率100%の実績◎お得な料金帯で
即日退職可能!
退職代行TORIKESHI
退職代行TORIKESHI
辞めるんです
辞めるんです
リーガルジャパン
リーガルジャパン
【料金】

25,000円
【料金】

27,000円
【料金】

25,000円
【退職交渉】
【退職交渉】
【退職交渉】
【サポート】

LINE対応
即日退職
返金対応
転職支援
【サポート】

LINE対応
即日退職
全国対応
後払いOK
【サポート】

LINE対応
即日退職
返金対応
転職支援
公式サイト公式サイト公式サイト
※料金はすべて税込表示です
タップできる目次

医者を今すぐ辞めたいなら「退職代行TORIKESHI」がイチオシ!

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行TORIKESHI」はLINEで手軽に利用できる退職代行サービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。

さらにアフターフォローも充実しているため、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金や失業保険のサポートなど任せられます。

また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証も魅力です。

退職代行の無料相談は、メールまたはLINEで24時間可能です。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に退職代行TORIKESHIへ相談してみましょう。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

医者を辞めたい方の主な理由5選

人差し指でチェックマークをつくるメガネ姿の女性

ここでは、医者を辞めたいと考える主な理由を5つ紹介します。

詳しく解説します。

長時間勤務など労働環境に不満がある

医者の仕事は、外来の患者の診察や検査、入院している患者の経過観察や日々の治療など、幅広くあります。勤務する職場によって変わりますが、基本的に医者の仕事は多忙です。

残業や夜間勤務もあり、過労死ラインとされる80時間を超えるほどの時間外労働を課せられる場合もあります

このような労働環境が続き、体力的に限界を感じて、辞めたいと考える方が多くおられるかもしれません。

精神的・体力的な負担が大きい

先ほども紹介したように、労働環境が劣悪で体力的に負担がかかり、医者を辞めたいと考える理由の一つです。

また、医者の仕事は人の命を預かる重要なものであり、ときに強いプレッシャーの中で働く必要もあります。

医療現場では、ほんの少しのミスも許されないため、常に緊張感があり、心が病んでしまうケースも考えられます

入院患者や外来の診察をする際も、適切な処置ができているか、また体調が急変したりしないかなど、常に患者と向き合う必要があるため、精神的に負担がかかります。

職場環境・人間関係によるストレスがたまる

医者は患者だけでなく、同じ医者や看護師など、さまざまな方と関わらなければいけない仕事です。

どの環境でも言えることですが、合わない同僚がいるとそれだけでストレスを感じてしまいます。

仕事内容にどれだけ満足していても、一緒に働く仲間との関係が悪ければ、長く働きたいとは思えません。

こちらから好意的に接しても、嫌がらせを受けたりする可能性もあります。

そのようなときは転職を考える理由となるのです。

職場環境や人間関係に疲れ切っている方は、仕事を辞めたいと思うストレスで起こる症状、対処法もあわせてチェックしてみてください。

患者とのトラブル・問題になるケースがある

医者の仕事は人の命を預かる責任感が大きい仕事です。手術や治療の際、できる限りの対応をして命を救える方もいれば、どれだけ尽力しても救えない命も出てくるでしょう。

救えた命・救えなかった命にかかわらず、尽力したことに対して感謝をしてもらえればいいのですが、救えなかった命に関しては、トラブルにつながることもあります。

理不尽な文句や批判を受け、救えなかった患者の家族からは恨まれたりと私生活にまで影響を及ぼすこともごくまれにあります。

このように、精神的な過度な負担を感じて仕事に行くのが嫌になり、辞める医者も一定数いるのです。

病院の待遇に不満がある

医者は高収入というイメージがありますが、勤務内容に対して正当な報酬・給料が支払われていないこともあります。

勉強という名目で「無給医」として大学病院に勤務する医者もいます。

勤務時間が長く、人の命を預かる責任感の重さも踏まえると、待遇に不満がある方もいるでしょう。

病院側の待遇に不満があれば、医者の転職サイトなどで満足のいく待遇で迎えてくれる医療機関を探してみることをおすすめします。

医者を辞めたいと思ったときの5つの注意点

人差し指同士でバツマークをつくる男性医師

ここからは、医者を辞めたいと思ったときの注意点について紹介します。

詳しく解説します。

未経験から他業種への転職は難しい可能性もある

医者を辞める場合、医療関係以外の転職は難しい可能性があります。

医者になるためには医学部で6年間勉強し、国家試験に合格する必要があります。

そのため、医療関係に関する知識は十分に保有していることでしょう。

しかし民間企業の多くでは、医療関係に関する知識を保有していても使用する場面がありません。

そのため、未経験の職種への転職は上手くいかない可能性が考えられます。

年収が下がる恐れがある

医者は元々収入が高い職業であるため、医者を辞めて他業種に転職すると、年収が下がる可能性が高くなります。

厚生労働省が令和3年に実施した「医療経済実態調査」によると、一般病棟で勤務する医者の平均年収は約1,468万円です。

日本の平均年収が433万円(参考:国税庁・令和2年分民間給与実態統計調査)であることを考えると、年収が下がることは避けられないでしょう。

医者を辞めようと考えている方は、年収が下がって当たり前という認識で転職活動を行ってください。

他の病院・医療施設への転職も検討する

医者の仕事にやりがいを感じているものの、現在働いている職場の人間関係や待遇が良くなく、転職を考えている方もいるでしょう。

ただ、今の職場がすべてではありません。他の病院や医療施設へ行けば、医者のスキルを活かして気の合う仲間と働ける可能性もあります。

今働いている職場の関係性が悪いという理由だけで、医者を辞めることはせず、他の病院や医療施設へ転職できないか検討してみましょう。

常勤が大変な場合は非常勤も選択肢に入れる

労働環境が厳しくて、医者を辞めたいと考えている方は、非常勤という選択肢もあることをご存じですか。

非常勤には、週2日など勤務日を決めて定期的に勤務する「定期非常勤」と、特定の日だけに当直や健康診断などを行う「スポット」の2種類の働き方があります。

20代・30代の若い世代で非常勤の医者が増えており、給料も通常勤務の方とそこまで変わりません。

勤務医の就労実態と意識に関する調査」ではアルバイトの平均年収は約600万円であるとの報告があります。

健康保険や厚生年金などはご自身で支払い、確定申告もご自身で行うなどのデメリットはありますが、常勤が大変な方は非常勤という選択肢もあることを頭に入れておきましょう。

違うキャリアへ進みたい場合は若いほうが有利

厚生労働省の「2019年(令和元年)雇用動向調査」によると、年齢が若い人ほど転職の入職率が高い傾向があります。

そのため、医者とは違うキャリアへ進みたい方は、若い方が有利であると言えます。

若年層の採用では、職務経歴よりも職業意識や勤労意識などが重視されやすいです。

未経験の職種であっても、面接時にキャリアビジョンなどをしっかりアピールできれば、採用される可能性はあるでしょう。

また、自身のキャリアとして考えても、若いうちにキャリアチェンジすると、キャリアチェンジ後の仕事の経験と実績が長くなります

仮に65歳まで働く場合、30歳でのキャリアチェンジと45歳でキャリアチェンジした場合では、最終的にその職種での経験は15年の差が出てきます。

そのため、違うキャリアを進みたいと考えている方は、できるだけ若いうちに転職しましょう。

40代や50代でキャリアチェンジを考えている場合は、40代で会社を辞めたいときに注意するポイント、転職成功のコツもあわせてチェックしてみてください。

医者を辞めたほうがよい方の特徴

泣き顔のステッカーを持つ男性医師

ここからは、医者を辞めたほうがよい方の特徴を紹介します。

詳しく解説します。

激務により心身に異常をきたしている方

現在、激務により寝不足になったり、ストレスを抱えていたりして、心身に異常をきたしている方は、医者を辞めたほうがいいでしょう。

なぜなら、このような状況で働いていると、うつや睡眠障害に陥ったりして、働けなくなる可能性があるためです。

医者は、病院外でも患者の動向が気になってしまうという理由で十分に休息が取れない方もいます。

]過酷な労働環境で働き続けるうちに疲れやストレスがたまり、他の命を扱う重圧も加わって、自らの体調を崩す可能性があります。

激務により心身に異常をきたしている場合は、自身の身を守るためにも、医者を辞める決断をした方が良いでしょう。

仕事量に対して給料が見合ってないと感じる方

診療時間が長引いたり、雑務が多かったりして、労働時間が長いのが医者の特徴です。

このような業務のなかで給料の発生しないサービス残業が行われていることも少なくありません。

仕事量に対して給料がしっかり支払われていないと感じた方は、医者を辞めるもしくは他の病院に移るなどの行動をしましょう。

職場の人間関係が上手くいっていない方

現在働いている職場の人間関係が上手くいってない方も、医者を辞める検討をした方が良いでしょう。

というのも、人間関係が上手くいっていなければ、働くこと自体が苦痛になり、ストレスが溜まって仕事が嫌いになる可能性があるためです。

もちろん、全員と上手く人付き合いする必要はありません。

ただ、明らかに嫌がらせをしてくる方がいる場合や、その嫌がらせを見て見ぬフリをする職場は辞めた方が良いでしょう。

上司から不当な扱いを受けている方は、パワハラを理由に退職する際の注意点、辞める前にやるべきことを参考にしてみてください。

医者からの転職におすすめの業種・職種5選

右肩上がりの折れ線グラフを書く男性医師

では、もともと医者だった方が転職する際にどのような職種が向いているのでしょうか?

ここでは、医者が転職する際におすすめの業種や職種を5つ紹介します。

詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

開発・研究職

医者としてのスキルを活かせるおすすめの職種として、開発・研究職が挙げられます。

直接患者の治療に接しなくても、病気そのものを治す方法を探すことができるため、医者と同様のやりがいを感じられるでしょう。

特に大学病院や、研究機関などでは、特定の分野を専門的に開発・研究できます。

これまでのスキルや知識を用いて、貢献できるでしょう。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、医療機関で治療を受けた後のリハビリや介護を行い、在宅復帰を目指すことを目的とした施設です。

介護老人保健施設では、医者や看護師、リハビリ職のスタッフが多く、医者としてのスキルを活用できます。

そんな介護老人保健施設では、入所定員100人につき常勤医者1名の配置が義務付けられています。

そのため、医者の需要があると言えるでしょう。

医療機関の医者として働くよりも給料は低いかもしれませんが、時間や気持ちに余裕をもって勤務できます

転職だけでなく、セカンドキャリアとしてもおすすめできる職種です。

産業医・社医

産業医とは、一般企業に従事し、労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医者のことです。

従業員が50人以上の職場であれば、選任する義務があります。

雇用は一般企業の会社員と同じです。

時間外勤務や日当直、オンコール業務がなく、勤務時間が安定していることは大きな魅力だと言えるでしょう。

また、社医として働くこともおすすめです。

社医とは、保険会社で保険加入者または加入希望者に、診査・査定を行う医者のことを指します。

医療行為がほとんどなく、臨床医のような極度の労働を強いられることもありません。

臨床現場から離れて、復帰しようと考えている方にもおすすめです。

メディカルドクター

メディカルドクターとは、製薬会社で勤務する医者のことです。

製薬会社では、新薬の開発を行うところもあります。新薬の開発において、医者の力は必要不可欠です。

臨床試験の実施やデータの取りまとめ、承認を得るための書類作成など、幅広く活躍できるでしょう。

また製薬会社では柔軟な働き方が認められている会社が多くあります。

在宅勤務やフレックスタイム制度が導入されている場合もあるため、ワークライフバランスを重視している方におすすめです。

医療系サービスを展開している企業

医療系サービスを展開している企業もおすすめです。

少子高齢化が進んでいる日本だけでなく世界中で、ヘルスケア分野への注目が集まっています。

ヘルスケア分野では、健康管理アプリや医療提供サービスを展開しているため、医者の経験やスキルを活かして働けます。

特にヘルスケアに関するサービスでは、信頼性を求められることも少なくありません。

そのようなときに、医者として根拠のある内容を発信できることは、大きな強みとなるでしょう。

医者からの転職・再就職活動を成功させる方法

黄色で「NEXTSTEP!」と書かれている黒い板

ここからは、医者からの転職・再就職活動を成功させる方法を紹介します。

詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

医者向けの転職サイト・エージェントに複数登録する

医者が転職する場合、まずおすすめしたいのは転職サイト・エージェントに複数登録することです。

転職サイトや転職エージェントに登録することで、担当者から求人の紹介を受けることもでき、面接対策などの転職に関するアドバイスを受けられます。

医者の需要は大きいため医者専用の転職サイトもあり、あなたの希望に合った転職がしやすくなるでしょう。

コンサルタントに希望の条件を具体的に伝える

転職コンサルタントに希望の条件を伝えて、相談してみるのもおすすめです。

転職先にはなかなか伝えられない給与に関しても、コンサルタントが交渉してくれるため、トラブルを避けられます。

転職コンサルタントに相談することで、客観的なアドバイスがもらえ、今まで気づかなかったあなたの魅力や特技が見つかる可能性もあります。

また、非公開求人を紹介してもらえることもあるでしょう。

非公開求人は、通常の求人に比べて特定のキャリアや優れたスキルを持つ方に声がかかることも多く、紹介されるとスムーズに転職がしやすくなります。

スキルや医師免許などの資格を活かせる求人を探す

医者としてのスキルや医者免許などの資格を求めている職場は、数多くあります。

そのため、ネット検索で求人を探してみると、あなたにマッチした条件の職場が見つかる可能性もあるでしょう。

求人を探すだけなら会社を辞める前でも気軽に行えます。「今のスキルだと、他の職場での報酬はこれくらいか」と知るだけでも大きなメリットです。

転職コンサルタントや転職エージェントに相談しにくいと考えている方は、まずは求人を探してみるところから始めてみましょう。

経験や技術がある場合は開業も可能

医者を辞めた後に転職する選択もありますが、経験や技術が伴っている場合は開業も視野に入れて良いでしょう。

勤務医ではできなかった独自の診療スタイルを実現でき、あなたの裁量で比較的自由に仕事ができます。

また、開業が成功すると病院で勤務しているときよりも経済的成果を得られます。

「これまでは労働環境が悪かったが、医者の仕事は好きである」と感じている方におすすめです。

とはいえ、開業することで、従業員の確保をしたり患者から訴訟があればすべてご自身で対応したりするなどの負担も増加します。

開業することのメリット・デメリットを踏まえて挑戦してみましょう。

医者を辞めるときの伝え方

手でジェスチャーをしている男性医師

医者を辞めるときは、どのように伝えればいいのか悩んでいる方もいるでしょう。

ここからは医者を辞めるときの伝え方について紹介します。

詳しく解説します。

忙しい時期はなるべく避ける

医者を辞めるときは、忙しい時期は避けるようにしましょう。というのも、繫忙期に医者が辞めてしまうと、人手が足りず他の医者へしわ寄せがいったり、仕事が回らなくなったりする可能性があるためです。

新しい医者を雇うためにもある程度の期間が必要です。

そのため、医者を辞める場合は、なるべくゆとりをもって忙しくない時期を狙いましょう。

直属の上司に伝える

退職する際は、同僚や後輩に伝えるのではなく、まずは直属の上司に伝えましょう

他の方に伝えて、その話が直属の上司の耳に入った場合、心証を悪くしてしまう可能性があります。

職場のメールなどで時間を空けてもらい、直接口頭で話をすることをおすすめします。

上司に退職を切り出す勇気がない方は、仕事を辞めたいと言えない場合の対処法もあわせてチェックしてみてください。

退職理由はポジティブな内容にする

「職場の人間関係が上手くいかない」「仕事量に対して報酬が見合っていない」と考え、退職を決断している方もいるでしょう。

ただ、退職理由については基本的にポジティブな内容で伝えるようにしましょう。

ポジティブな内容だと、上司や会社が納得しやすく、無理に引き留められる可能性も少ないためです。

上記のようなネガティブな内容で会社を辞める場合でも、わざわざ伝える必要もありません。

辞めづらい場合は退職代行サービスがおすすめ!

「退職代行」と書かれたキューブが乗っている履歴書

「退職の意思を伝えたら、引き止められるから辞めづらい…」と悩んでいる方もいるでしょう。

そんな方には、退職代行サービスがおすすめです。

退職代行サービスとは「会社が辞めさせてくれない」といった悩みを抱える労働者に代わって退職届を提出してくれます

きちんとした退職代行サービスを選択すれば、退職後にトラブルになる可能性も低く、円満に退職できるでしょう。

費用は掛かりますが、上司との面会をする必要もなく、確実に退職できるため、退職できずに悩んでいる方は利用を検討してみてください。

医者を辞めたい方におすすめの退職代行サービス5選

スクロールできます
サービス名料金支払い方法返金保証対応時間即日退職
退職代行TORIKESHI
公式サイト
詳細ページ

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
辞めるんです
公式サイト
詳細ページ

一律27,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

LINE
24時間
リーガルジャパン
公式サイト

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
退職代行ニチロー
公式サイト
詳細ページ

一律28,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
退職代行ガーディアン
公式サイト
詳細ページ

一律29,800円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
※料金はすべて税込表示です

医者を辞めたほうがいい方の特徴を踏まえて、おすすめの退職代行サービスを5社紹介します。

料金やおすすめポイント、特徴について詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

退職代行TORIKESHI

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行TORIKESHI」はLINEで手軽に利用できる退職代行サービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。

さらにアフターフォローも充実しているため、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金や失業保険のサポートなど任せられます。

また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証も魅力です。

退職代行の無料相談は、メールまたはLINEで24時間可能です。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に退職代行TORIKESHIへ相談してみましょう。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

辞めるんです

辞めるんです
出典元:辞めるんです
おすすめポイント
  • 追加料金無し
  • 退職率100%
  • 豊富な退職実績

「辞めるんです」は、業界初の後払い制を採用している退職代行サービスになります。

7,000件の実績件数と退職成功率100%を誇るうえで、万が一退職できない場合は料金がかかりません

顧問弁護士から業務指導を受けたサービスのため、弁護士法に違反せず業務範囲で最大限のサポートをしている点も安心です。

会社への対応は全て「辞めるんです」がおこなうので、依頼後は会社と一切連絡することなく退職できるでしょう。

退職完了後は、追加料金なしでアフターフォローが受けられる点も魅力です。

人手不足で退職を言い出しにくい方やストレスを抱えて出社できないという方は、ぜひ一度相談してみてください。

料金27,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行辞めるんですの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

リーガルジャパン

リーガルジャパン
出典元:リーガルジャパン
おすすめポイント
  • LINEで気軽に無料相談&即日退職可能(24時間対応)
  • 有給消化や退職後のサポート体制も充実
  • 全額返金保証あり

「リーガルジャパン」は、LINEで気軽に即日退職サポートを受けられる退職代行サービスです。

LINEで24時間いつでも無料相談ができるので、「今日にでも辞めたい……」と思い立ったタイミングで利用できます。

また労働組合が運営しているのでサポート面も充実しており、安心して利用できる点もうれしいポイントです。

充実のサポート体制
  • 有給消化に関する交渉に柔軟に対応
  • 退職届の作成サポート
  • 必要書類の受け取り
  • 無料の転職支援
  • 最大200万円を受け取れる失業保険のサポート

料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証サービスにも対応しているので、初めての方でも気軽に利用できます。

気軽かつスピーディーな退職代行サービスを探している方は、ぜひリーガルジャパンのLINE無料相談を利用してみてください。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

退職代行ニチロー

退職代行ニチロー
出典元:退職代行ニチロー
おすすめポイント
  • 会社への連絡不要
  • 有給取得サポートあり
  • 労働組合が運営

「退職代行ニチロー」は、日本労働調査組合が運営する退職代行サービスです。

団体交渉権を持っているので違法性もなく、会社との直接交渉が可能です。

トラブルを起こさず円満に退職できるのが魅力で、提携する弁護士・社労士・税理士などの専門家も退職をサポートしてくれます。

依頼者の都合に合わせて土日祝日や深夜でも柔軟に対応しているので、夜遅くまで働いている方も利用しやすい退職代行サービスです。

料金28,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行ニチローの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン
出典元:退職代行ガーディアン
おすすめポイント
  • 追加料金一切無し
  • 代理人として交渉可能
  • 東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合

「退職代行ガーディアン」が労働組合法人が運営する退職代行サービスです。

難易度の高いケースでも退職実績があり、なかなか辞めさせてもらえない場合でも組合が団体交渉して依頼者を守ります。

料金は一律で、雇用形態・地域・年齢などで変わることはありません。

さらに会社との対応は全てガーディアンにお任せできます。

退職届や貸与品の返却も郵送でおこなわれるので、上司への連絡は一切不要です。

退職代行を依頼しようか迷っている方は、LINEで気軽に相談してみましょう。

料金一律24,800円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行ガーディアンの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

医者の退職に関するよくある質問

3つのクエスチョンマークが描かれたメモ帳

医者の代行に関するよくある質問にお答えします。

上記について気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

女医の転職は男性と比べて厳しい?

女性には、妊娠・出産などの男性にはない独自のライフイベントがあります。

そのため、一時的に職場から離れることもあり、女医の転職はよくあることとも言えます。

女医の転職が男性と比べて厳しいのかどうかは、その方のスキル次第です。

スキルのある女医は、一度職場を離れていても新しい職場で採用されやすいですし、転職活動でそこまで困ることもないでしょう。

ただ、女医が転職する際には、後々のトラブルを防ぐために次の2点を必ずチェックしましょう。

  • 譲れない条件は何か洗い出す
  • 院内見学を行う

もし上記の2点をチェックせずに転職活動を行うと、妊娠・出産に理解が少ない医療機関にあたる可能性もあります。

そのような職場では、女医の立場が低く感じることも出てくるかもしれません。

医者から他業種への転職は難しい?

どの業種を選ぶのかにもよりますが、これまでの経験やスキルが活かしにくい職場であれば、転職は難しいと言えるでしょう。

とはいえ、これまでのキャリアの棚卸しを行い、自身の得意・不得意を把握し、自身の適性を明らかにし、ご自身に足りない知識やスキルを身につければ、他業種であっても転職できます。

また、この記事でも紹介した産業医や製薬会社での勤務に関しては、医者の需要が大きいため、比較的容易に転職可能です。

これからのあなたのキャリアをどうしたいのかによって、進むべき道は異なるため、まずは今後の人生設計をしてみることをおすすめします。

開業した場合の成功率は?

開業すると言っても、何をもって成功したと言えるのかは、開業した方の判断によって異なります。

  • 大きな収入を得られるようになった
  • 理想的な働き方ができるようになった
  • やりがいのある業務のみできるようになった

人によって開業する目的は異なり「大きな収入を得られても理想的な働き方ができておらず、成功していない」と考える方もいるでしょう。

そのため、成功率を気にするよりも、開業することであなたがどのようなことを実現したいのかを考え、同じ目的で上手くいった方の話を聞いてみるなど行動することをおすすめします。

病院を辞めるのにベストな時期は?

新たな勤務先が見つかり、今の病院を辞めるのにベストな時期は3月ごろです。そして、辞めることを伝えるのは10月ごろがおすすめです。

なぜなら、現在働いている病院は、人員を補充したり、配置を変えたりする必要があり、それらはすぐにできることではないためです。

早めに知らせることで余裕を持って人員整理ができるため、10月でなくても退職することが決まったら早めに伝えるようにしましょう。

まとめ

「まとめ」と書かれている小さい木の板

医者の退職について詳しく解説しました。

激務であったり、職場の人間関係が上手くいってなかったりなどの理由で、医者を辞めたいと考えている方もいるでしょう。

もし、激務により心身に異常をきたしている場合は、すぐにでも辞めることをおすすめします。

辞めたいけど上司が引き止めてくるなどの理由で辞めにくいと感じている方は、退職代行を利用してみましょう。

この記事で紹介した退職代行を利用すれば、職場に行くこともなく即日で退職できます。

退職後の職場探しに不安がある方は、アフターサポートが充実しているサービスの利用を検討してみてください。

【一覧表】人気の退職代行サービス14選

スクロールできます
サービス名料金支払い方法返金保証対応時間即日退職詳細
退職代行TORIKESHI
退職代行TORIKESHI

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
辞めるんです
辞めるんです

一律27,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
リーガルジャパン
リーガルジャパン

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
退職代行ニチロー
退職代行ニチロー

一律28,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
公式サイト
詳細ページ
退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン

一律24,800円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
公式サイト
詳細ページ
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび

一律55,000円

銀行振込

記載なし

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
退職代行jobs
退職代行Jobs

一律27,000円
(労働組合費2,000円)

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
現金翌月払い

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
※料金はすべて税込表示です

退職代行サービスについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行サービスのおすすめ人気ランキングもあわせてチェックしてみてください。

※本記事の情報は2023年11月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次