MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!
本サイトは 日本労働産業ユニオンによるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません。

電話で退職の連絡はOK?適切な方法と注意点

「会社を辞めたいけど、直接言うのは勇気がいる…」
「電話で退職の連絡をしてもいいのかな…」
「でも、電話だと失礼になるのでは…」

退職の意思を伝えるのは、誰にとっても勇気のいることです。上司との関係性や、職場の雰囲気によっては、直接伝えるのが難しく感じるかもしれません。

電話で退職の連絡をすることは、状況によっては適切な方法の一つです。直接伝えるのが難しい場合や、すぐに退職したい場合など、電話を選択せざるを得ないこともあります。

この記事では、電話で退職の連絡をすることの是非と、適切な方法や注意点についてご紹介します。あなたの状況に合った、最適な退職連絡の方法が見つかるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

タップできる目次

電話での退職連絡が許されるケース

一般的に、退職の意思は直接伝えるのが望ましいとされています。しかし、どうしても直接伝えることが難しい状況もあるでしょう。そのような場合、電話での退職連絡が許容されるケースがいくつかあります。

ここでは、電話での退職連絡が許される代表的な5つのケースを見ていきましょう。

  • 体調不良で出社が困難な場合
  • メンタルヘルスに問題がある場合
  • 緊急の家庭の事情がある場合
  • 会社側の違法行為や倫理的問題がある場合
  • 上司と事前に相談済みの場合

ただし、電話での退職連絡は誤解を招きやすく、トラブルに発展するリスクもあるため、可能な限り直接伝えることが望ましいでしょう。どうしても電話で伝える必要がある場合は、後述するポイントに注意して、適切に進めることが大切です。

ケース1|体調不良で出社が困難な場合

体調不良で出社が困難な場合、電話での退職連絡が許容される可能性があります。

例えば、重度の風邪やインフルエンザにかかり、高熱が続いているような状況です。感染症対策の観点からも、無理に出社するよりは自宅で療養に専念すべきでしょう。

また、骨折や捻挫などで通勤が困難な場合も、電話連絡が認められるケースと言えます。

ただし、体調不良を理由に電話で退職を伝える場合、医師の診断書を提出するなど、客観的な証拠を示すことが求められる場合があります。事前に上司や人事部と相談し、必要な手続きを確認しておくと良いでしょう。

また、体調が回復したら、改めて直接退職の意思を伝えに行くことが望ましいと言えます。電話連絡はあくまで暫定的な措置と捉え、できる限り誠意を尽くすことが大切です。

ケース2|メンタルヘルスに問題がある場合

メンタルヘルスに問題を抱えている場合も、電話での退職連絡が認められる可能性があります。

例えば、うつ病や不安障害、パニック障害など、心療内科や精神科で診断を受けている場合です。出社すること自体がストレスとなり、症状が悪化してしまう恐れがあります。

また、職場の人間関係が原因で、強い不安やストレスを感じている場合も、電話連絡が許容されるケースがあります。上司によるパワーハラスメントや、同僚によるいじめなどが深刻な場合は、直接会うことが難しいでしょう。

ただし、メンタルヘルスの問題を理由に電話で退職を伝える場合、医師の診断書を提出するなど、客観的な証拠を示すことが求められます。安易な理由で電話連絡をすると、誠意を欠いていると受け取られ、トラブルに発展する恐れがあります。

また、退職後のメンタルヘルスケアについても、会社側と十分に話し合っておくことが大切です。再発防止やスムーズな職場復帰に向けて、両者で協力していく必要があるでしょう。

ケース3|緊急の家庭の事情がある場合

緊急の家庭の事情がある場合、電話での退職連絡が認められることがあります。

例えば、家族の急病や事故、介護や看護の必要性が発生した場合です。特に、遠方に住む家族の問題で、すぐに駆けつける必要がある場合は、電話連絡もやむを得ないでしょう。

また、育児と仕事の両立が難しくなったケースでも、電話での退職連絡が許容される場合があります。出産や育児休業から復職する際、子供の預け先が確保できないなどの事情が生じることがあります。

ただし、緊急の家庭の事情を理由に電話で退職を伝える場合、状況を詳しく説明し、会社側の理解を得ることが大切です。事前の相談なく一方的に連絡すると、会社側が困惑し、トラブルに発展する恐れがあります。

また、退職後の生活についても、十分に検討しておく必要があるでしょう。育児や介護との両立が難しいと判断した場合は、一時的な休職や時短勤務なども視野に入れて、会社側と話し合ってみると良いかもしれません

ケース4|会社側の違法行為や倫理的問題がある場合

会社側に違法行為や倫理的問題がある場合、電話での退職連絡が認められる可能性があります。

例えば、サービス残業の強要や、安全配慮義務の怠慢など、労働基準法違反が常態化している場合です。また、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなど、人権侵害に当たる行為が行われている場合も、電話連絡が許容されるケースと言えます。

会社側の違法行為や倫理的問題を理由に退職する場合、証拠を残しておくことが大切です。音声の録音や、メールのやり取りを保存しておくと良いでしょう。トラブルに発展した際、自分の正当性を主張する材料になります。

ただし、会社側の問題を理由に電話で退職を伝える場合、慎重な対応が求められます。安易な言動は、名誉毀損やプライバシー侵害などの法的リスクにつながる恐れがあります。

退職後は、労働基準監督署や弁護士に相談するなど、適切な機関の助言を受けることをおすすめします。違法行為や人権侵害は、職場全体の問題につながる可能性があるため、一人で抱え込まずに専門家に相談することが大切です。

ケース5|上司と事前に相談済みの場合

上司と退職について事前に相談済みの場合、電話での連絡が認められることがあります。

例えば、転職や独立、家庭の事情による退職など、前もって上司に相談している場合です。あらかじめ退職の意思を伝えており、急な電話連絡でも、上司が状況を理解してくれる可能性が高いでしょう。

ただし、事前の相談内容と、電話での連絡内容に齟齬がないよう注意が必要です。「もう少し働くつもりだったが、急に辞めることにした」など、上司の理解と異なる説明をすると、トラブルに発展する恐れがあります。

また、電話で退職を伝える際は、後日改めて直接挨拶に伺う旨を伝えておくと良いでしょう。事前の相談はあくまで非公式な話し合いであり、正式な退職の意思表示は、直接伝えるのが望ましいとされています。

一方で、事前の相談内容と大きく異なる退職理由を電話で告げてしまうと、上司との信頼関係が損なわれる恐れがあります。退職までのプロセスを誠実に進め、円満な関係を保つことが大切です。

電話で退職を伝える際の5つのポイント

電話で退職を伝える際は、伝え方や態度に細心の注意を払う必要があります。適切な方法で伝えないと、誠意が感じられず、トラブルに発展する恐れがあるためです。

ここでは、電話での退職連絡を円滑に進めるための、5つの重要なポイントを解説します。事前の準備を怠らず、丁寧な対応を心がけることが大切です。

  • 電話でのマナー違反を詫びる
  • 適切なタイミングを選ぶ
  • 簡潔に退職の意思を伝える
  • 書面での正式な手続きを約束する
  • トラブル防止のため録音する

退職の電話連絡は、正式な手続きの一環に過ぎません。後日速やかに、退職届などの書類を提出し、直接挨拶を済ませることが大切だと覚えておきましょう。

電話でのマナー違反を詫びる

電話で退職の意思を伝える際は、マナー違反を詫びることから始めましょう。

本来は直接伝えるべき内容を、電話で済ませてしまうのは失礼に当たります。

「このような形で伝えることになり、大変申し訳ございません」

など、一言添えるだけで誠意が伝わるでしょう。

また、

「直接お会いしてお伝えすべきところ、体調不良で難しい状況です」

など、電話連絡に至った経緯を簡潔に説明するのも効果的です。都合の悪さを認めた上で、事情を話すことで、相手の理解を得やすくなります。

一方で、

「私用で会社に来られないので」

など、安易な言い訳をするのは避けましょう。会社側の立場を考えない発言は、信頼を損ねる恐れがあります。

適切なタイミングを選ぶ

電話で退職を伝える際は、適切なタイミングを選ぶことが大切です。

まず、上司が会議中や外出中、休憩中などは避けましょう。集中して話を聞いてもらえない可能性が高いためです。できれば、朝一番や昼休み明けなど、比較的時間に余裕がある時間帯を狙うと良いでしょう。

また、できれば事前にアポイントメントを取っておくことをおすすめします。

「退職について相談したいことがあるので、○日の○時ごろに電話してもよろしいでしょうか」

など、連絡を入れておくと、上司も心づもりができるでしょう。

一方で、あまりに唐突な時間帯の電話は避けたほうが無難です。早朝や深夜、休日の連絡は、緊急性がない限り控えましょう。会社の都合を考えない行動は、円満退社の妨げになりかねません。

簡潔に退職の意思を伝える

電話で退職を伝える際は、簡潔に意思を伝えることが大切です。

「○月○日付けで退職したいと考えております」

など、結論から伝えるのが効果的でしょう。あれこれ理由を並べたてるよりも、シンプルに伝える方が、誠実な態度だと受け取ってもらえます。

その上で、

「詳しい理由は追って書面で提出いたします」

など、後日改めて説明する旨を添えておくと良いでしょう。電話での説明は簡潔にまとめつつ、正式な手続きは別途行うことを伝えることで、誠意が感じられるでしょう。

一方で、

「実は・・・」「言いにくいのですが・・・」

など、遠回しな言い方は避けたほうが良いでしょう。歯切れの悪い物言いは、上司に不信感を与える恐れがあります。

電話は face to face の対話に比べ、細かいニュアンスが伝わりにくいことを意識しましょう。簡潔でわかりやすい言葉選びを心がけることが大切です。

書面での正式な手続きを約束する

電話で退職の意思を伝えた後は、必ず書面での正式な手続きを約束しましょう。

「○日までに退職届を提出いたします」

など、具体的な日時を示すことが大切です。口頭だけの意思表示では、トラブルに発展する恐れがあります。

また、

「退職の詳しい理由は書面に記載いたします」

など、追って説明することも伝えておきましょう。電話での説明が不十分でも、書類できちんと補足することを約束できれば、信頼につながるでしょう。

トラブル防止のため録音する

電話で退職を伝える際は、トラブル防止のために通話内容を録音しておくことをおすすめします。

口頭でのやり取りは、記憶があいまいになりがちです。「〇〇は言った」「言っていない」など、認識の食い違いが生じる恐れがあります。音声データを残しておけば、客観的な証拠として役立つでしょう。

ただし、録音する際は、事前に上司の許可を取ることが大切です。無断で録音すると、トラブルのもとになりかねません。

「念のため録音させていただいても構いませんか」

など、一言添えるだけで、誠意が伝わるはずです。

また、録音した音声データは、厳重に管理することを忘れないでください。個人情報の観点からも、みだりに公開するようなことがあってはなりません。

電話での退職連絡は、行き違いが生じやすい場面だと言えます。録音を習慣づけることで、自分の身を守ることにつながるでしょう。ただし、相手への配慮は忘れずに行動することが肝要です。

電話で退職する際の注意点4つ

電話で退職を伝える際は、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。適切な方法で伝えないと、誤解を招いたり、不利な立場に立たされたりする恐れがあるためです。

ここでは、電話での退職連絡を行う際の、4つの重要な注意点を解説します。トラブルを未然に防ぐためにも、これらの点に十分気をつけましょう。

  • 電話退職は誤解や伝達の齟齬が生じやすい
  • 電話退職は退職条件を有利に進めづらい
  • 電話退職は引き止めや交渉をされることが多い
  • 電話退職は退職後のトラブルにつながるリスクがある

電話は手軽な反面、リスクの高いツールだと言えます。安易に利用するのではなく、慎重に使い分けることが求められるでしょう。

電話退職は誤解や伝達の齟齬が生じやすい

電話での退職連絡は、誤解や伝達の齟齬が生じやすいというデメリットがあります。

面談であれば表情を見ながら話せるため、細かいニュアンスの行き違いに気づきやすいものです。一方、電話では声だけでの判断になるため、「思っていたのと違う」といった誤解が生まれる恐れがあります。

例えば、「一身上の都合で」と言ったつもりでも、「会社に不満があって」と受け取られてしまうかもしれません。「前向きな理由での退職」と「後ろ向きな理由での退職」では、受け止め方が大きく変わるためです。

また、電話では聞き漏らしが発生しやすいという点も、誤解を招く要因と言えます。「○月○日付けで」と言ったつもりでも、「○月○日頃を目処に」と受け取られてしまう可能性があります。

このように、電話での退職連絡は、思わぬ誤解を生む危険性があります。面談に比べて伝達力が低いことを念頭に置き、言葉選びには細心の注意を払う必要があるでしょう。

電話退職は退職条件を有利に進めづらい

電話での退職連絡は、退職の条件交渉を有利に進めづらいというデメリットがあります。

書面での手続きであれば、退職金の金額や支払日、有給休暇の取り扱いなどを明確に定めることができます。一方、口頭でのやり取りでは、条件があいまいになりがちです。

「○○はもう少し上乗せしてほしい」「○○は譲れない」など、交渉事は face to face で行うのが望ましいとされています。相手の反応を見ながら、臨機応変に話を進められるためです。

電話では、相手の出方が読みにくいというデメリットがあります。強気に出られると、押し切られてしまう恐れがあるでしょう。

また、電話交渉では、証拠が残りにくいという問題もあります。口約束で「○○は払ってもらえる」と言われても、のちのち覆される可能性は十分にあり得ます。

退職の条件交渉は、シビアな話し合いになりがちです。電話は不利な面が多いため、できるだけ対面で行うことをおすすめします。

電話退職は引き止めや交渉をされることが多い

電話で退職の意思を伝えると、引き止めや条件交渉をされるケースが多いと言えます。

上司としては、優秀な部下の退職は避けたいものです。「どうしても辞めるつもりか」「何とか引き留めたい」など、食い下がられる可能性は十分にあり得ます。

特に、電話という手段では、その場の流れで簡単に引き止められてしまう恐れがあります。「もう少し待ってほしい」と言われれば、つい受け入れてしまいそうです。

また、複数の上司から説得されると、心理的に追い込まれてしまうかもしれません。「○○課長も引き留めていた」「○○部長も残念がっている」など、同調圧力をかけられる可能性があります。

さらに、「退職金を上乗せする」「役職を与える」など、条件面での交渉を持ちかけられることもあるでしょう。目の前の甘言に惑わされ、安易に考えを変えてしまう危険性は否定できません。

口頭での交渉は、感情に流されやすいというデメリットがあります。引き止めの言葉に惑わされないよう、毅然とした態度で臨むことが大切だと言えます。

電話退職は退職後のトラブルにつながるリスクがある

電話での退職は、後々のトラブルにつながるリスクを孕んでいます。

例えば、退職金の未払いや、有給休暇の清算漏れなどのトラブルが起こり得ます。口頭での約束は曖昧になりがちで、支払われるべき金額が支払われない事態も十分に考えられるためです。

会社側が「○○は言っていない」「○○は聞いていない」と主張した場合、証拠不足から泣き寝入りを強いられるかもしれません。トラブル時の立証責任は、基本的に労働者側が負うことになります。

また、退職の引き継ぎがうまくいかず、損害賠償を求められる可能性もあります。「引き継ぎが不十分だった」「マニュアルの不備で損失が出た」など、釈明を求められるかもしれません。

さらに、退職理由について、事実と異なる説明がなされる恐れもあります。「一身上の都合という説明だったが、人間関係のトラブルが理由だと聞いている」など、のちのち不利益を被る可能性は否定できません。

このように、電話退職にはトラブルのリスクが付きまといます。円満な退職を実現するためにも、できるだけ書面と面談で手続きを行うことが賢明だと言えるでしょう。

退職代行torikeshiを利用するメリット

電話での退職連絡は、様々なデメリットを抱えています。口頭でのやり取りは、行き違いやトラブルを招きがちだと言えます。

そこで、電話連絡に代わる手段として注目されているのが「退職代行サービス」です。退職の意思表示や金銭面の交渉を、専門家に一任できるサービスです。

ここでは、退職代行サービスの大手である「退職代行torikeshi」を取り上げ、同社のサービスを利用するメリットを解説します。

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

退職代行torikeshiに依頼すれば、会社との直接的なやり取りは不要になります。ストレスなく退職の意思を伝えられるでしょう。また、即日退職が可能なケースもあり、スピーディーな退職が実現します。

さらに、退職代行torikeshiでは、有給休暇の残日数分の支払いを求められます。財産的な損失を最小限に抑えることができるでしょう。

加えて、退職に必要な書類の作成など、複雑な手続きも代行してくれるのは大きな強みです。労働基準法など、専門的な知識は欠かせません。プロの助言は心強い味方になるはずです。

一人で抱え込みがちな退職の悩みも、退職代行torikeshiを活用することで、大きく改善されると言えるでしょう。

会社側と直接やり取りする必要がない

退職代行torikeshiに依頼する最大のメリットは、会社側と直接やり取りをする必要がない点にあります。

退職の意思表示から金銭面の交渉、書類の授受に至るまで、すべてを代行してもらえます。会社との面談や電話連絡は一切不要で、精神的な負担を大幅に軽減できるでしょう。

特に、上司との人間関係が悪化しているケースでは、直接会って話をするのは難しいものです。パワーハラスメントの被害に遭っている場合は、なおさらでしょう。

また、職場の人間関係を気まずくしたくないと考える人も多いはずです。「辞めると伝えたら、どんな反応をされるだろう」との不安から、退職を踏みとどまってしまう例は少なくありません。

退職代行torikeshiを利用すれば、そんな心理的ハードルを下げられます。会社を介することなく、第三者が間に入ってくれるので、後ろめたさを感じずに退職を決意できるでしょう。

退職までの過程を、代行業者に丸投げできる安心感は、何物にも代えがたい価値があります。会社との直接的な交渉を避けたい人は、退職代行torikeshiの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

即日退職が可能な場合がある

退職代行torikeshiを利用すると、即日退職が可能になるケースがあります。

一般的に、退職の意思表示から実際の退職までには、一定の期間が必要とされています。会社への貢献度や、引き継ぎ業務の量などに応じて、1~3ヶ月の猶予が求められるのが通例です。

しかし、退職代行torikeshiに依頼すれば、この期間を大幅に短縮できる可能性があります。同社のスタッフが、会社側と交渉を重ねることで、即日退職を実現してくれるケースがあるためです。

例えば、人間関係の悪化から、これ以上職場に居続けるのは難しいと感じている場合などです。「あと1日も耐えられない」というストレスを抱えている人にとって、即日退職のメリットは計り知れません。

また、新しい職場への転職が決まっているケースでも、即日退職のニーズは高いと言えます。「できるだけ早く次の仕事に就きたい」という希望を叶えられるでしょう。

ただし、あくまで「即日退職は可能なケースがある」というだけで、絶対にそうなるとは限りません。会社側の事情によっては、猶予期間を設ける必要もあるでしょう。この点は、よく理解しておく必要があります。

有給休暇の残日数分の支払いを求められる

退職代行torikeshiでは、有給休暇の残日数分の支払いを求めてくれるケースがあります。

労働基準法では、勤続年数に応じて、一定日数の有給休暇が保証されています。しかし、実際には取得できないまま退職するケースが少なくありません。

特に、退職前の忙しい時期は、休暇を取りづらいものです。「後任者への引き継ぎで手一杯」「大きな仕事を抱えている」など、業務都合を理由に、有給休暇を諦めてしまう人は多いでしょう。

しかし、退職時に未消化の有給休暇がある場合、会社は残日数分の賃金を支払う義務があります。退職代行torikeshiでは、この権利をしっかりと主張してくれます。

「○○日分の有給休暇が残っているので、買い上げをお願いしたい」など、具体的な要求を突きつけることで、支払いを実現してくれるケースがあります。

金銭面の交渉は、個人では難しいものです。法律の専門家でもない限り、権利の主張は躊躇われるでしょう。その点、退職代行torikeshiなら、労働者の正当な権利を守るために尽力してくれます

ただし、有給休暇の買い上げには、一定の条件があることも覚えておきましょう。例えば、退職日までに取得できる有給休暇は、買い上げ対象にはなりません。

退職代行torikeshiのスタッフは、こうした細かいルールにも精通しています。労働者の権利を守りつつ、適切な線引きを行ってくれるはずです。

複雑な手続きを代行してくれる

退職代行torikeshiに依頼するメリットとして、複雑な手続きを代行してもらえる点が挙げられます。

退職には、業務の引き継ぎだけでなく、書類の準備など、煩雑な事務手続きが付きものです。社会保険の脱退届や年金の手続き、雇用保険の失業認定など、ややこしい書類が山積みになります。

こうした事務作業は、本業が忙しい中では、負担になるばかりです。できることなら、誰かに任せたいと考える人は多いでしょう。

退職代行torikeshiでは、こうした面倒な手続きを一手に引き受けてくれます。必要書類の作成はもちろん、役所への提出など、あらゆる事務をカバーしてもらえます。

また、退職にまつわる法的な問題にも、適切に対処してくれるのが強みです。例えば、退職金の交渉や、競業避止義務をめぐる紛争などです。

個人で対応するには、労働基準法など、高度な法律知識が求められます。一方、退職代行torikeshiでは、豊富な実績を持つ社労士などの専門家が在籍しています。リーガルチェックは万全だと言えるでしょう

「書類作成は不安」「専門的な相談に乗ってほしい」など、手続き面で不安を感じている人は、退職代行torikeshiを検討してみる価値は十分にあります。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

まとめ

電話での退職連絡は、簡単で気軽に利用できる反面、様々な注意点があることがわかりました。

口頭でのやり取りは、誤解を招きやすく、トラブルに発展する恐れがあります。書面での正式な手続きを怠ると、退職後に不利益を被るリスクも否定できません。

「寂しさのあまり引き止められたくない」「円満に別れを告げたい」など、電話連絡を選ぶ理由は人それぞれでしょう。しかし、安易な判断は禁物だと言えます。

一方、電話連絡の代替手段として、退職代行サービスの利用も一考の価値があります。なかでも、「退職代行torikeshi」は、豊富な実績と信頼で定評があります。

会社との直接的なやり取りが不要になるメリットは大きいでしょう。加えて、有給休暇の買い上げや、複雑な手続きの代行など、手厚いサポートを受けられる点も見逃せません。

「退職して次のステップに進みたいけれど、会社とのしがらみが気になる」という人は、ぜひ退職代行torikeshiの利用を検討してみてください。あなたの新しい人生を、全力でバックアップしてくれるはずです。

退職は人生の大きな岐路です。周囲への配慮を忘れずに、円滑な方法を模索することが何より大切だと言えるでしょう。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次