MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!
本サイトは 日本労働産業ユニオンによるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません。

仕事を辞めたいけど次がない!退職基準と注意点

「もう限界だ。この仕事を辞めたい!」

実際、多くの人が「仕事を辞めたいけど、次がない」という状況に悩んでいます。

しかし、自分に合わない仕事を続けることは、メンタルヘルスに大きな影響を与えかねません。ストレスが蓄積し、心身ともに疲弊してしまう可能性があるのです。

そんな時、「自分の幸せのために、思い切って仕事を辞めるべきなのかな?」と考えるかもしれません。でも、いざ退職を決意しても、「いつ辞めるのが適切なのか」「どんな手続きが必要なのか」など、分からないことだらけですよね。

この記事では、仕事を辞めたいけど次がない人のために、退職の基準と注意点をお伝えします。退職に関する重要な情報を詳しく解説します。最適な退職の方法を一緒に考えてみましょう。

タップできる目次

仕事を辞めたいストレスにはどんなものがある?

多くの人が仕事を辞めたいと思う理由には様々なストレスがあります。業務量の過多、人間関係の問題、仕事へのモチベーション低下、不公平な評価や待遇など、ストレスの原因は人それぞれ異なります。

  • 業務量が過度に多い
  • 人間関係が上手くいかない
  • 仕事に魅力を感じられない
  • 平等な評価や待遇が得られない

以下で詳しく解説していきます。

業務量が過度に多い

業務量が過度に多いことは、仕事を辞めたいと思う大きな要因の一つです。長時間労働が常態化し、プライベートな時間が確保できない状況では、心身ともに疲弊してしまいます

例えば、毎日深夜まで残業が続き、休日出勤も頻繁に求められるような環境では、仕事とプライベートのバランスが崩れ、ストレスが蓄積していきます。自分の時間を持てないことで、趣味や家族との時間を犠牲にせざるを得ない状況に陥ることもあるでしょう。

こうした過重な労働は、健康面にも悪影響を及ぼします。慢性的な疲労や睡眠不足は、心身の不調を引き起こす原因となります。また、仕事以外の時間がないことで、リフレッシュする機会も失われ、ストレスが解消されにくくなってしまいます

人間関係が上手くいかない

職場の人間関係の問題もストレスの大きな要因です。上司や同僚との軋轢、コミュニケーション不足、パワーハラスメントなどは、仕事へのモチベーションを低下させ、辞めたいと思わせる原因となります。

例えば、上司からの理不尽な指示や叱責、同僚とのいじめや無視など、人間関係のトラブルは職場を居心地の悪い場所にしてしまいます。こうした状況では、仕事に集中できなくなり、出社することさえ苦痛に感じてしまうかもしれません。

また、コミュニケーション不足による誤解や意思疎通の問題も、人間関係を悪化させる要因です。お互いの考えや意図が伝わらないことで、不信感が生まれ、協力体制が築けなくなってしまいます

仕事に魅力を感じられない

仕事にやりがいや魅力を感じられないことも、退職を考える理由の一つです。自分の能力を発揮できない、成長の機会が少ない、将来のキャリアプランが見えないなど、仕事への不満が募ると、モチベーションは低下します。

例えば、単調な作業の繰り返しで、スキルアップの機会がない職場では、自己実現への欲求が満たされません。また、会社の方針や事業内容に共感できない場合も、仕事に対する熱意を失っていきます

さらに、自分の適性や興味と合わない仕事に就いている場合、ストレスを感じやすくなります。仕事に打ち込めない、自分の強みを活かせないと感じると、次第に仕事への意欲が低下していくでしょう。

平等な評価や待遇が得られない

能力や成果に見合った評価や待遇が得られないことも、仕事へのモチベーションを下げる要因です。不公平な人事評価、昇進や賃金への不満、福利厚生の不備などは、従業員の士気を低下させます。

例えば、頑張った成果が正当に評価されない、同じ職責でも賃金に差がある、有給休暇が取得しづらいなど、待遇面での不満は溜まっていきます。こうした状況では、仕事へのやる気が失われ、転職を考えるきっかけになることもあるでしょう。

また、能力主義が徹底されておらず、年功序列や性別などで差別される職場では、個人の頑張りが報われません。公平な評価制度がないことで、向上心を失ってしまう恐れがあります。

以上のように、様々なストレスが重なることで、多くの人が仕事を辞めたいと考えるようになります。こうしたストレスを放置せず、解決策を探ることが大切です。

仕事を辞めるべきか判断する5つのポイント

仕事を辞めるべきかどうか、判断に迷うこともあるでしょう。辞める前に、以下の5つのポイントを踏まえて、慎重に検討することが大切です。

ストレスの原因を見極める

まずは、仕事を辞めたいと思う原因を明確にすることが重要です。ストレスの根源が業務内容なのか、人間関係なのか、待遇面なのかを見極めましょう。

ストレスの原因が特定できれば、改善の方法を探ることができます。

例えば、業務量の問題であれば、上司に相談して調整してもらうことも可能かもしれません。また、人間関係のトラブルであれば、コミュニケーションを改善することで解決する余地があるかもしれません。

ストレスの原因を見極めることで、辞める前に改善できる可能性があるかを検討できます。

続けるメリットと天秤にかける

仕事を辞めることのデメリットと、続けることのメリットを比較することも大切です。辞めることで失うものと、続けることで得られるものを天秤にかけて考えましょう。

例えば、今の仕事を続けることで、スキルアップやキャリア形成の機会が得られるなら、我慢して続ける価値があるかもしれません。また、安定した収入や福利厚生など、現在の職場で得られるメリットも考慮に入れる必要があります。

一方で、辞めることで失うものとして、収入の途絶えや再就職の難しさなども検討しなければなりません。

転職後の見通しを立てる

仕事を辞める前に、転職後の見通しを立てておくことも重要です。漠然と辞めたいと考えるのではなく、次の仕事のプランを具体的に考えましょう。

自分の強みや適性を活かせる職種や業界を探し、求人情報をチェックすることから始めます。また、転職活動に必要なスキルや経験を積むために、今の職場で学べることがないかも考えてみましょう。

転職後の見通しが立っていれば、仕事を辞める決断もしやすくなります。一方で、次の仕事が見つからない状態で辞めるのはリスクが高いため、慎重に判断する必要があります。

健康面への影響を考慮する

仕事のストレスが健康面に与える影響も、辞めるかどうかの判断材料になります。心身の不調が続く状態で無理に仕事を続けることは、危険を伴います。

例えば、過度なストレスによって、うつ病や心身症などの疾患を発症する恐れがあります。また、慢性的な疲労や睡眠不足は、集中力の低下や事故のリスクを高めます。

健康を維持することは何よりも大切です。仕事が原因で心身の不調が続くようであれば、辞めることも視野に入れる必要があるでしょう。

経済的な影響を検討する

仕事を辞めることで生じる経済的な影響も、十分に検討しなければなりません。次の仕事が決まっていない状態で退職すると、収入が途絶えるリスクがあります。

生活費や住宅ローンの支払い、子どもの教育費など、固定費を賄えなくなる可能性を考慮する必要があります。また、退職後の健康保険や年金の手続きなど、社会保障面での準備も必要です。

貯蓄である程度の期間をしのげるか、家族の支援を得られるかなど、経済面でのリスクを最小限に抑える方法を検討しましょう。

以上の5つのポイントを踏まえて、仕事を辞めるべきか慎重に判断することが大切です。辞める前に改善の余地がないか探り、転職後の見通しを立てることで、リスクを最小限に抑えることができるでしょう。

仕事を辞めた方がいい7つのケース

一方で、我慢して仕事を続けるよりも、辞めた方が良い場合もあります。以下の7つのケースでは、仕事を辞めることを真剣に検討する必要があるでしょう。

ケース1|長時間労働が常態化している

長時間労働が常態化し、過重な労働負荷がかかっている場合は、心身の健康を損なうリスクが高くなります。

厚生労働省が定める週40時間の法定労働時間を大幅に超えて働くことは、過労死や過労自殺につながる危険性もあります。また、慢性的な疲労は仕事のパフォーマンスを下げ、ミスや事故の原因にもなりかねません。

もし、長時間労働が改善される見込みがない場合は、自分の健康と安全を守るために、辞めることを検討しましょう。

※働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)について:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322_00001.html

ケース2|ハラスメントを受けている

パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなど、ハラスメントを受けている状況では、精神的な苦痛が大きくなります。

上司からの理不尽な叱責や暴言、同僚からのいじめや無視など、ハラスメントは働く意欲を著しく低下させます。また、セクハラは人格を傷つける許されない行為です。

こうしたハラスメントが放置され、改善が見込めない場合は、自分を守るために辞めることも必要です。我慢を強いられる必要はありません。

※職場におけるハラスメント撲滅対策について:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/seisaku06/index.html

ケース3|会社の将来に不安がある

勤務先の会社の業績悪化や経営不振など、会社の将来に不安を感じる場合も、転職を視野に入れるべきです。

倒産リスクが高まっている、大規模なリストラの可能性があるなど、雇用の安定性に不安がある状況では、早めに次の仕事を探し始めることが賢明です。

会社の先行きが不透明なまま働き続けるのは、キャリアの選択肢を狭めることにもつながります。将来に備えて、新しい職場を探すことも大切でしょう。

ケース4|職場環境に強い不満がある

職場の設備や制度など、労働環境に強い不満がある場合も、転職を検討する理由になります。

例えば、古い設備で業務効率が悪い、有給休暇が取得しづらい、福利厚生が不十分であるなど、働きやすい環境が整っていないことへの不満は溜まっていきます。

こうした不満が解消される見通しがない場合、自分に合った職場を探すことも一つの選択肢です。働きやすい環境で能力を発揮できる職場を見つけることが、キャリアアップにもつながるでしょう。

ケース5|健康上の理由で続けられない

病気やケガなど、健康上の理由で仕事を続けることが難しい場合は、退職もやむを得ません。

例えば、長期の療養が必要な病気や、後遺症が残るケガを負った場合、仕事を続けることが健康を損なう恐れがあります。また、メンタルヘルスの不調で仕事に支障が出ている状態も、無理に続けるべきではありません。

健康あってこその仕事です。回復に専念することを優先し、状況が改善してから再就職を考えるのも一つの方法でしょう。

※治療と仕事の両立支援について:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000115267.html

ケース6|キャリアプランに合わない

現在の仕事が、自分の目指すキャリアプランに合わないと感じる場合も、転職を考えるべきです。

例えば、スキルアップの機会が少ない、希望する職種へのキャリアチェンジが難しいなど、キャリア形成に限界を感じる状況では、思い切って環境を変える必要があります。

自分のなりたい姿を実現するために、適切なタイミングで転職することは、長期的なキャリア形成においても重要な選択となるでしょう。

ケース7|モチベーションが持続できない

どうしても仕事へのモチベーションが維持できず、働くことへの意欲を失っている場合は、環境を変える必要があります。

仕事に対してやりがいを感じられない、自分の適性に合っていないと感じるなど、根本的なモチベーションの問題を抱えている状態では、無理に続けても良い結果は生まれません。

自分に合った仕事、やりがいを感じられる仕事を探すことで、モチベーションを取り戻すことができるかもしれません

※平成30年版働く女性の実情:https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/josei-jitsujo/dl/18.pdf

以上の7つのケースでは、仕事を辞めることを前向きに検討する必要があります。我慢を重ねるよりも、新しい環境で自分らしく働くことが、長期的なキャリア形成や人生の充実につながるでしょう。

【年代別】仕事を辞めたいけど次がない悩み

仕事を辞めたいと思っても、次の仕事が見つからない不安を抱える人は多いでしょう。年代によって、悩みの内容や対処法も異なります。

20代の仕事を辞めたいけど次がない悩み

20代は、キャリアの入り口に立つ時期です。仕事への適性や将来のビジョンが明確でないまま、就職したことで悩みを抱えるケースもあるでしょう。

この年代では、自分の強みや適性を見極めることが大切です。様々な仕事を経験し、自分に合った仕事を探す過程が、キャリア形成につながります。

また、スキルアップのために、資格取得や勉強会への参加など、自己投資を積極的に行うことも有効です。自分の市場価値を高めることで、次の仕事への道が開けるかもしれません。

※新規大学等卒業者の就職状況:https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-02-06.html

30代の仕事を辞めたいけど次がない悩み

30代は、キャリアを確立する時期であると同時に、ライフイベントが多い年代でもあります。結婚や出産など、プライベートの変化と仕事の両立に悩むこともあるでしょう。

この年代では、自分のキャリアビジョンを明確にすることが重要です。目指す姿を描き、そのために必要なスキルや経験を積むことで、次の仕事への移行がスムーズになります。

また、ワークライフバランスを整えることも大切です。家庭と仕事の両立を考慮した働き方ができる職場を探すことで、長期的なキャリア形成が可能になるでしょう。

40代の仕事を辞めたいけど次がない悩み

40代は、ミドルマネジメントの役割を担う年代です。部下の育成や組織運営など、責任ある立場で悩みを抱えることもあるでしょう。

この年代では、自分の強みを活かせる分野を見極めることが重要です。今までの経験を振り返り、得意分野を伸ばすことで、次の仕事での活躍につなげることができます。

また、人脈を活用することも有効です。同世代の転職者と情報交換をしたり、業界団体に参加したりすることで、新しい仕事の機会を見つけられるかもしれません。

50代の仕事を辞めたいけど次がない悩み

50代は、定年までのキャリアの仕上げの時期です。体力や健康面での不安を抱えることもあるでしょう。

この年代では、これまでの経験を活かせる仕事を探すことが大切です。自分の専門性を深め、その分野での価値を高めることで、次の仕事への道が開けるかもしれません。

また、セカンドキャリアを見据えることも重要です。定年後の人生を豊かにするために、趣味や特技を活かせる仕事を探すのも一つの方法です。

いずれの年代でも、仕事を辞めたいと思った時は、自分のキャリアビジョンを見直し、強みを活かせる仕事を探すことが大切です。年代に応じた悩みを乗り越え、新しいキャリアステージへ踏み出すことが、長期的な人生の充実につながるでしょう。

次の仕事がない状態で仕事を辞める際の6つの注意点

次の仕事が決まらないまま現在の職を辞めるのは、大きなリスクを伴います。以下の6つの注意点を踏まえて、十分な準備をしてから退職することが大切です。

注意点1|収入が途絶えるリスクがある

次の仕事が決まっていない状態で退職すると、収入が途絶えるリスクがあります。生活費や住宅ローンの支払いなど、固定費をどのように賄うかを考えておく必要があります。

貯蓄である程度の期間をしのげるか、家族の支援を得られるかなど、経済面でのリスクを最小限に抑える方法を検討しましょう。

注意点2|社会保険の手続きが必要

退職に伴い、健康保険や年金の手続きが必要になります。国民健康保険への切り替えや、国民年金の手続きを行わなければなりません。

手続きの期限や必要書類を確認し、滞りなく進めることが大切です。手続きが遅れると、保険の適用が受けられなくなる恐れがあります。

※国民年金の手続き:https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/index.html

注意点3|失業給付を受給するための条件がある

退職後、失業給付を受給するには一定の条件があります。自己都合で退職した場合、待期期間が設けられるなど、すぐに給付が受けられないこともあります。

受給資格や手続きの方法を確認し、生活費の計画を立てることが重要です。

注意点4|転職活動に時間的制約がかかる

次の仕事が決まっていない状態では、転職活動に専念する必要があります。就職活動には時間がかかるため、生活リズムが乱れることもあるでしょう。

効率的な求職活動を行うために、計画を立てることが大切です。また、心身の健康を維持しながら、就職活動に取り組むことも重要です。

注意点5|前職の評価に影響が出る恐れ

退職理由によっては、前職での評価に影響が出る恐れがあります。特に、突然の退職や無断欠勤は、信用を失うことにつながります。

後味の悪い退職にならないよう、上司との面談を経て、適切な手順を踏むことが大切です。前の職場との関係性を良好に保つことで、将来的なキャリア形成にもプラスに働くでしょう。

注意点6|心理的なプレッシャーがかかる

次の仕事が見つからない不安は、大きな心理的プレッシャーになります。特に、経済的な不安が重なると、ストレスを感じやすくなるでしょう。

ストレス管理を適切に行い、心身の健康を維持することが大切です。家族や友人に相談したり、必要に応じて専門家のサポートを受けたりすることで、不安を和らげることができるかもしれません。

以上の6つの注意点を踏まえ、次の仕事が見つからない状態で退職する際は、十分な準備と覚悟が必要です。リスクを最小限に抑え、前向きに新しいキャリアステージに進むことが重要でしょう。

退職代行サービス「退職代行torikeshi」の活用

退職の手続きや、上司との交渉に不安を感じる人には、退職代行サービス「退職代行torikeshi」の活用がおすすめです。

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行torikeshi」は、退職の意思表示から、退職届の提出、残業代の請求までを代行してくれるサービスです。専門スタッフが、円滑な退職手続きをサポートしてくれます。

特に、人間関係の問題で退職を考えている人や、トラブルを避けたい人には、退職代行サービスが心強い味方となるでしょう。

「退職代行torikeshi」を活用することで、退職のストレスを軽減し、前向きに次のキャリアステップに進むことができます。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

まとめ

仕事を辞めたいと思った時は、退職の理由を明確にし、辞めるべきかどうかを慎重に判断することが大切です。

辞める前に、改善の余地がないか検討し、転職後の見通しを立てることで、リスクを最小限に抑えることができるでしょう。

一方で、健康を害するほどの長時間労働や、ハラスメントを受けている場合など、退職せざるを得ない状況もあります。 次の仕事が見つからない不安は、年代に応じた対処法で乗り越えていくことが重要です。

退職の手続きに不安を感じる人は、退職代行サービス「退職代行torikeshi」を活用することで、円滑な退職が可能となるでしょう。

仕事を辞めるという決断は、人生の大きな転機となります。後悔のない選択をするために、自分の人生を見つめ直し、新しいキャリアステージに向けて一歩を踏み出すことが大切です。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次