MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!
本サイトは 日本労働産業ユニオンによるオウンドメディアであり、アフィリエイトリンクの掲載は行っておりません。

管理職をやめたい!6つの理由と適切な対処法

「管理職の仕事が思っていたのと違う…」
「部下とのコミュニケーションがうまくいかない…」
「管理職の責任の重さに、心が折れそう…」

管理職になったはいいものの、このように悩んでいる人はいませんか?一般社員とは異なる責任と業務内容、部下とのマネジメントなど、管理職ならではの悩みは尽きないでしょう。

管理職の仕事に疑問や不安を感じ、「管理職をやめたい」と思ってしまうこともあるかもしれません。でも、管理職をやめることは、簡単な決断ではありませんよね。キャリアへの影響や、周囲の目が気になってしまうかもしれません。

この記事では、管理職をやめたいと思う6つの理由と、適切な対処法をご紹介します。あなたのキャリアと人生を、もっと幸せなものにするために。管理職をやめることが、新たな一歩になるかもしれません。

タップできる目次

管理職をやめたいと思う6つの理由

管理職は、組織の中核を担う重要な役割ですが、その重圧やストレスに耐えられず、管理職をやめたいと考える人は少なくありません。ここでは、管理職をやめたいと思う6つの主な理由について解説します。

  • プレッシャーや責任が重い
  • 業務量が過剰である
  • 人間関係が億劫になった
  • 報酬や評価への不満がある
  • キャリアへの不安がある
  • ワークライフバランスが崩れている

一人ひとりの状況は異なりますが、管理職特有の悩みを抱えている人は多いのです。自分の気持ちに正直になり、管理職を続けるべきか、やめるべきか、冷静に判断することが大切です。

管理職をやめたい理由1|プレッシャーや責任が重い

管理職は、部下の育成や業績管理など、重大な責任を負っています。常に結果を求められるプレッシャーは、大きなストレスとなるでしょう。

例えば、営業部門の管理職は、部下の営業成績に対する責任を問われます。目標未達の場合、上司から厳しい叱責を受けることもあるでしょう。

また、トラブル発生時の対応も管理職の重要な役割です。部下のミスは、管理職の責任と見なされることが多いのです。

このようなプレッシャーや責任の重さに耐えられず、管理職をやめたいと考える人は少なくありません。自分の能力や適性を冷静に見極め、管理職として続けるべきか判断することが大切です。

管理職をやめたい理由2|業務量が過剰である

管理職は、部下のマネジメントに加え、自身の業務もこなさなければなりません。会議や報告書の作成など、雑務も多岐にわたります。

過剰な業務量は、心身の疲弊を招くでしょう。深夜や休日の仕事も珍しくありません。

例えば、IT企業の管理職は、システム開発の進捗管理や品質管理に追われる日々を送っています。トラブル発生時は、徹夜で対応することも少なくありません。

また、部下の育成やメンタルケアにも時間を割かなければなりません。部下との1on1ミーティングは、管理職の重要な業務の一つです。

このように、管理職は常に時間に追われています。業務量の多さに耐えられず、管理職をやめたいと考える人もいるでしょう。業務の優先順位を見直し、効率的な時間管理を心がけることが大切です。

管理職をやめたい理由3|人間関係が億劫になった

管理職は、部下や上司、他部門との調整など、様々な人間関係を構築しなければなりません。コミュニケーションの難しさに悩む人も多いでしょう。

例えば、部下の指導やモチベーション管理は、管理職の重要な役割です。しかし、部下との価値観の相違や世代間ギャップに悩むこともあるでしょう。

また、上司との関係も管理職の悩みの種です。理不尽な要求や叱責に耐えられず、管理職をやめたいと考える人もいます。他部門との調整業務も、管理職の大きなストレス要因です。自部門の利益と他部門の利益が対立することも珍しくありません。

このように、管理職は複雑な人間関係に悩まされがちです。コミュニケーション能力の向上や、メンタルヘルスケアの充実が求められます

管理職をやめたい理由4|報酬や評価への不満がある

管理職は、重大な責任と膨大な業務量を担っているにもかかわらず、報酬や評価が見合っていないと感じる人も少なくありません。管理職手当などの金銭的な処遇への不満や、上司からの評価の低さに失望し、管理職をやめたいと考える人もいるでしょう。

例えば、部下の育成や業績管理に注力しても、その成果が適切に評価されない場合、モチベーションは大きく低下します。

また、管理職としての経験やスキルが、報酬に反映されていないと感じる人もいるでしょう。同年代の管理職と比較して、報酬が低いと不満を抱くこともあります。

報酬や評価への不満は、管理職の離職意向に大きな影響を与えます。適切な処遇や評価制度の整備が求められます。

管理職をやめたい理由5|キャリアへの不安がある

管理職は、組織の中核を担う重要な役割ですが、一方でキャリアの行き詰まりを感じる人も少なくありません

管理職になることで、専門性を高める機会が減少したり、他部門への異動が難しくなったりします。スペシャリストとしてのキャリアを歩みたい人にとって、管理職はキャリアの障壁となるでしょう。

例えば、営業畑一筋でキャリアを積んできた人が、管理職になったことで、営業の第一線から離れることを不安に感じるかもしれません。

また、昇進の見込みが低い場合、管理職としてのキャリアに将来性を感じられないこともあるでしょう。

このようなキャリアへの不安から、管理職をやめて、専門性を高めたり、他部門への異動を目指したりする人もいます。キャリアプランを明確にし、管理職としてのキャリアパスを検討することが大切です。

管理職をやめたい理由6|ワークライフバランスが崩れている

管理職は、長時間労働や休日出勤など、仕事と私生活のバランスが取れない状況に陥りがちです。家族との時間が取れず、ストレスを感じる人も多いでしょう。

例えば、子育て中の管理職は、子供の学校行事に参加できなかったり、家族旅行を楽しめなかったりすることがあります。

また、介護を抱える管理職は、仕事と介護の両立に悩むこともあるでしょう。突発的なトラブル対応で、介護サービスの手配が難しくなることもあります。

ワークライフバランスの崩れは、管理職の大きなストレス要因です。仕事と私生活の両立を図るための制度の整備や、業務の効率化が求められます

管理職をやめたい時の5つの適切な対処法

管理職をやめたいと思っても、すぐに行動に移せない人も多いでしょう。ここでは、管理職をやめたい時の5つの適切な対処法について解説します。

  • 上司や人事部門に相談する
  • 転職活動の準備を始める
  • 業務の引き継ぎをする
  • 部下へのフォローをする
  • 退職代行サービスを検討する

管理職をやめるという決断は、簡単には下せないかもしれません。しかし、自分の気持ちに正直になり、適切な行動を起こすことで、新たなキャリアを切り開くことができるはずです。

管理職をやめたい時の対処法1|上司や人事部門に相談する

管理職をやめたいと思ったら、まずは上司や人事部門に相談することをおすすめします。自分の気持ちを正直に伝え、解決策を探ることが大切です。

例えば、業務量の多さに悩んでいる場合は、上司に業務の優先順位や削減の可能性について相談してみましょう。人員の補充や業務の効率化によって、負担が軽減できるかもしれません。

また、人間関係の問題で悩んでいる場合は、人事部門に相談するのも一つの方法です。客観的な立場から、問題解決のためのアドバイスをもらえるでしょう。

上司や人事部門への相談は、問題解決の第一歩です。自分一人で抱え込まず、周囲の支援を積極的に求めることが大切です。

管理職をやめたい時の対処法2|転職活動の準備を始める

管理職をやめる決意をしたら、転職活動の準備を始めることをおすすめします。自分のスキルや経験を棚卸しし、強みを活かせる仕事を探しましょう。

例えば、営業畑で管理職として活躍してきた人は、営業職としての転職を検討してみてはどうでしょうか。管理職としての経験やスキルを活かせる仕事もあるはずです。

また、管理職としてのマネジメント経験は、他業種への転職でも重宝されます。自分の可能性を広げるために、異業種への転職も視野に入れてみましょう。

転職活動は、自分のキャリアを見つめ直す良い機会です。自分の強みや希望を明確にし、納得のいく仕事を見つけることが大切です。

管理職をやめたい時の対処法3|業務の引き継ぎをする

管理職をやめる際は、業務の引き継ぎを適切に行うことが求められます。後任者への引き継ぎや、部下への指示など、円滑な業務移管を心がけましょう。

例えば、後任者への引き継ぎは、業務内容や課題、部下の特性など、できる限り詳細に行うことが大切です。引き継ぎ資料を作成し、面談で補足説明することをおすすめします。

また、部下への指示も重要です。管理職の交代によって、部下が不安を感じることのないよう、丁寧に説明することが求められます。

業務の引き継ぎは、管理職としての最後の仕事です。責任を持って、円滑な業務移管を行うことが大切です。

管理職をやめたい時の対処法4|部下へのフォローをする

管理職をやめる際は、部下へのフォローも欠かせません。管理職の交代によって、部下のモチベーションが低下しないよう、適切なフォローが求められます。

例えば、部下との1on1ミーティングを行い、一人ひとりの状況を確認することをおすすめします。不安や悩みを抱えている部下には、丁寧にアドバイスすることが大切です。

また、後任者との引き継ぎの場に、部下を同席させるのも一つの方法です。後任者と部下のコミュニケーションを促進し、スムーズな業務移管につなげましょう。

部下へのフォローは、管理職としての責務です。部下の成長と活躍を願い、最後まで丁寧に対応することが求められます。

管理職をやめたい時の対処法5|退職代行サービスを検討する

管理職をやめる際、退職手続きの煩雑さに悩む人も多いでしょう。そんな時は、退職代行サービス「退職代行torikeshi」の利用がおすすめです。

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

退職代行torikeshiは、依頼者に代わって、退職に関する交渉や手続きを行うサービスです。専門スタッフが、上司との面談や書類作成など、退職に必要な作業をすべて代行してくれます。

「上司との関係が悪化しており、直接話すのが難しい」「退職の意思を伝えるのが苦手」という方でも、安心して退職できるでしょう。

また、退職代行torikeshiでは、退職後のメンタルケアも提供しています。カウンセリングを通じて、新しい一歩を踏み出す支援を受けられます。

退職代行サービスを上手に活用することで、円滑な退職手続きと、前向きな転職活動が実現するはずです。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

管理職をやめたいと感じる人が取るべき3つの具体的なステップ

管理職をやめたいと感じたら、具体的な行動を起こすことが大切です。ここでは、管理職をやめたいと感じる人が取るべき3つの具体的なステップについて解説します。

  1. 管理職のプレッシャーやストレスの原因を明確にする
  2. 管理職を辞めて転職やキャリアチェンジを検討する
  3. 管理職を辞める際の手順を事前に準備する

漠然とした不安や不満を抱えているだけでは、状況は変わりません。自分の気持ちを整理し、具体的な行動を起こすことで、新たなキャリアを切り開くことができるはずです。

管理職のプレッシャーやストレスの原因を明確にする

管理職をやめたいと感じたら、まずはプレッシャーやストレスの原因を明確にすることが大切です。漠然とした不安や不満を具体的に言語化し、問題の本質を見極めましょう

例えば、「部下のマネジメントが難しい」「上司からの評価が低い」など、ストレスの原因を具体的に書き出してみてください。客観的に自分の状況を分析することで、問題解決の糸口が見えてくるはずです。

また、ストレスチェックなどの心理テストを活用するのも一つの方法です。自分のストレス状況を数値化することで、客観的な判断材料が得られます。

プレッシャーやストレスの原因を明確にすることは、問題解決の第一歩です。自分の状況を正しく理解し、適切な対処法を探ることが大切です。

管理職を辞めて転職やキャリアチェンジを検討する

管理職のプレッシャーやストレスから逃れるためには、管理職を辞めて転職やキャリアチェンジを検討することも一つの選択肢です。自分の強みや希望を見つめ直し、新たなキャリアパスを模索してみましょう

例えば、営業畑で管理職として活躍してきた人は、営業職としての転職を検討してみてはどうでしょうか。管理職としてのマネジメント経験を活かせる仕事もあるはずです。

また、全く異なる業種への転職も視野に入れてみましょう。IT企業の管理職から、教育関連企業への転職を果たした人もいます。自分の可能性を信じ、新たな挑戦を検討することが大切です。

転職やキャリアチェンジは、人生の大きな転機となります。自分のキャリアビジョンを明確にし、納得のいく選択をすることが求められます

管理職を辞める際の手順を事前に準備する

管理職を辞める決意をしたら、退職の手順を事前に準備することが大切です。社内規定の確認や、退職届の提出タイミングなど、スムーズな退職手続きを心がけましょう

まずは、社内規定を確認し、退職手続きの流れを把握することから始めてください。必要書類の準備や、退職日の設定など、事前に確認しておくべきポイントは多岐にわたります。

また、上司や人事部門への報告も重要です。退職の意思を伝える際は、感謝の気持ちを忘れずに、丁寧に説明することが求められます。

退職代行サービス「退職代行torikeshi」を利用するのも一つの方法です。専門スタッフが、退職手続きをサポートしてくれるため、円滑な退職が実現するでしょう。

管理職を辞める際の手順を事前に準備することで、混乱を最小限に抑え、前向きな転職活動につなげることができるはずです。

管理職を辞める決断をした後のキャリアプラン5選

管理職を辞める決断をしたら、次のキャリアプランを考えることが大切です。ここでは、管理職を辞めた後のキャリアプラン5選について解説します。

  • 管理職以外へ異動する
  • 同業界の別企業に転職する
  • 異業種へ転職する
  • 起業や独立をする
  • 準備期間を設ける

自分の強みや希望を見つめ直し、納得のいくキャリアプランを選ぶことが求められます。新たなキャリアへの第一歩を踏み出す勇気を持つことが大切です。

管理職以外へ異動する

管理職を辞めた後は、社内の管理職以外のポジションへの異動を検討してみてはどうでしょうか。専門職や企画職など、管理職とは異なる分野で活躍することができるはずです。

例えば、営業部門の管理職から、商品企画部門への異動を果たした人もいます。管理職としての経験を活かしつつ、新たな分野にチャレンジすることで、キャリアの幅を広げられます。

また、管理職以外のポジションであれば、ワークライフバランスの改善も期待できるでしょう。自分の希望に合った働き方を実現するために、社内異動を検討してみてはいかがでしょうか。

同業界の別企業に転職する

管理職を辞めた後は、同業界の別企業への転職も一つの選択肢です。自分のスキルや経験を活かせる企業を探し、新たな環境でチャレンジしてみましょう。

同業界への転職であれば、これまでのキャリアを無駄にすることなく、活躍の場を広げられるはずです。管理職としての経験やスキルは、他社でも高く評価されるでしょう。

転職先の選定に際しては、企業文化や評価制度など、自分に合った環境かどうかを見極めることが大切です。納得のいく転職先を見つけることで、新たなキャリアを切り開くことができるはずです。

異業種へ転職する

管理職を辞めた後は、全く異なる業種への転職も視野に入れてみましょう。これまでのキャリアとは異なる分野で、新たな可能性を探ることができるはずです。

例えば、金融機関の管理職から、教育関連企業への転職を果たした人もいます。異業種への転職は、自分の可能性を大きく広げる機会となるでしょう。

異業種への転職に際しては、自分の強みや経験を棚卸しすることが大切です。管理職としてのマネジメント経験は、他業種でも活かせるはずです。

新たな分野へのチャレンジは、キャリアの転機となります。自分の可能性を信じ、思い切って一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

起業や独立をする

管理職を辞めた後は、起業や独立も一つの選択肢です。自分の経験やスキルを活かし、独立コンサルタントや経営者として活躍することができるはずです。

管理職としてのマネジメント経験は、起業や独立の際に大きな武器となります。組織運営のノウハウや人脈は、ビジネスを成功に導く鍵となるでしょう。

起業や独立は、自分の理想を実現する機会でもあります。自分の価値観に基づいた働き方を実現し、社会に貢献することができるはずです。

ただし、起業や独立には大きなリスクも伴います。事業計画の立案や資金調達など、入念な準備が求められます。専門家のアドバイスを参考に、慎重に検討することが大切です。

準備期間を設ける

管理職を辞めた後は、次のキャリアに向けた準備期間を設けるのも一つの方法です。自分の強みや希望を見つめ直し、じっくりと次の一歩を考えてみましょう。

例えば、転職活動に必要なスキルを身につけるために、研修やセミナーに参加するのも良いでしょう。自分の市場価値を高めることで、よりよい転職先を見つけられるはずです。

また、準備期間を利用して、趣味や旅行を楽しむのも一つの方法です。リフレッシュすることで、心身ともに充実した状態で、次のキャリアに臨むことができるでしょう。

準備期間は、自分と向き合う大切な時間です。焦らずに、じっくりと次の一歩を考えることが大切です。

まとめ

管理職をやめたいと感じることは珍しいことではありません。プレッシャーや責任の重さ、過剰な業務量、人間関係の問題など、様々な要因が管理職の離職につながっています。

管理職をやめたいと思ったら、上司や人事部門への相談、転職活動の準備、業務の引き継ぎ、部下へのフォローなど、適切な対処法を選ぶことが大切です。

また、管理職のプレッシャーやストレスの原因を明確にし、転職やキャリアチェンジを検討することも重要です。管理職を辞める際の手順を事前に準備し、スムーズな退職を心がけましょう。

管理職を辞めた後は、管理職以外への異動、同業界の別企業への転職、異業種への転職、起業や独立、準備期間の設定など、様々なキャリアプランが考えられます。

自分の強みや希望を見つめ直し、納得のいくキャリアを選ぶことが大切です。新たなキャリアへの一歩を踏み出す勇気を持ちましょう。

退職代行サービス「退職代行torikeshi」を利用するのも一つの方法です。専門スタッフによるサポートを受けながら、前向きに次のキャリアを歩むことができるはずです。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次