MENU
イチオシの退職代行サービスBest3
動画配信サービス
第1位:退職代行TORIKESHI
業界最安級の退職代行「TORIKESHI」
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 安心安全の労働組合運営
  • 弁護士監修
  • 有休取得サポートあり
  • 全額返金保証あり
業界最安級の25,000円(税込)
追加費用なし!
第2位:辞めるんです
辞めるんです
  • 退職が決定してからの後払いサービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 驚異の退職率100%
  • 1万件以上の豊富な退職実績
一律27,000円(税込)
追加費用なし!
第3位:リーガルジャパン
リーガルジャパンの退職代行サービス
  • 24時間365日対応&即日退職可能
  • 有休取得&退職後のサポート体制が充実
  • 全額返金保証あり
  • 弁護士監修&労働組合運営で安心安全
業界最安級の25,000円(税込)
退職できなかったら全額返金

当社イチオシの失業保険申請サポート「退職の窓口」
失業申請サポート「退職の窓口」
  • オンライン相談で全国対応
  • 社労士による安心サポート
  • LINEで受給想定額の無料診断実施中
最大200万円の失業保険を"最短1か月"で受給可能!

退職代行ニチローの口コミ・評判は?利用するメリット・注意点を詳しく解説!

退職代行ニチローの口コミ・評判は?利用するメリット・注意点を詳しく解説!
読者

「退職代行ニチローって、利用しても大丈夫なのかな?」
「トラブルに発展しないか心配……」

退職代行ニチローは労働組合が運営しており、最短即日で退職手続きを完了できる退職代行サービスです。

しかし、サービスの品質や対応などは利用してみないとわからないため、実際の口コミや評判が気になる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、退職代行ニチローの口コミ・評判、利用するメリット・デメリットを解説します。

利用時の注意点や申し込み方法なども紹介するので、退職代行ニチローの利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

タップできる目次

退職代行ニチローとは

退職代行ニチロー
出典元:退職代行ニチロー
おすすめポイント
  • 会社への連絡不要
  • 有給取得サポートあり
  • 労働組合が運営
運営元日本労働調査組合
設立時期2021年4月
料金一律28,000円
追加料金の有無原則なし
対応エリア全国
相談方法電話、メール
支払い方法クレジットカード、銀行振り込み

退職代行ニチローは、日本労働調査組合が2021年4月から始めた退職代行サービスです。

日本労働調査組合は2021年1月に発足した労働組合であり、労働環境の改善を目的にインターネット上での労働調査とメディアを通じた情報発信をおこないます。

サービス開始から間もない退職代行サービスのため、インターネット上でも情報があまり多くありません。

まずは、退職代行ニチローの基本情報について、詳しく解説します。

料金28,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行ニチローの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

基本料金

退職代行ニチローの料金は、一律28,000円(税込)です。

基本料金の中には、労務サポート費用として3,000円(税込)が含まれています。

退職代行サービスは労働組合、弁護士、民間企業などにより運営されており、運営元によって料金相場が次のように異なります。

労働組合25,000円~30,000円
弁護士50,000円~100,000円
民間企業10,000円~50,000円

労働組合が運営する退職代行サービスであることを踏まえると、退職代行ニチローの料金はそれほど高くありません

追加料金

退職代行ニチローは、公式サイトにて追加料金は一切なしと公言しています。

退職代行をおこなっている業者の中には、基本料金を安くして顧客を呼び込み、後から高額な追加料金を徴収しているところもありますが、退職代行ニチローならば追加料金の心配は不要です。

対応エリア

退職代行ニチローの対応エリアは全国です。退職代行業者の中には、特定の地域に限ってサービスを提供しているところもありますが、退職代行ニチローは47都道府県すべての地域からの相談に対応しています。

そのため、日本国内で働いている方ならば誰でも利用可能です。

退職代行ニチローを利用するときは組合への加入が絶対に必要

ボックスにチェックを入れるスーツ姿の男性

退職代行ニチローの利用にあたっては、運営元である日本労働調査組合への加入が必須です。

退職代行ニチローが提供する退職代行は、労働組合における組合員の社会的地位向上を目的とした労働問題解決活動であり、サービスとして提供されているものではないからです。

日本労働調査組合に加入しても、組合内の活動に参加する必要はありません。

退職手続きが完了したら、脱退も可能なため安心してください。

退職代行ニチローを利用するメリット

退職代行ニチローができること

退職代行ニチローを利用するメリットは次のとおりです。

順番に詳しく解説します。

会社と交渉が可能

労働組合によって運営されている退職代行ニチローでは、退職条件をはじめとするさまざまな件について、会社と交渉しながら進めることが可能です。

民間企業が運営元の退職代行業者の場合、会社との交渉は非弁行為とみなされるリスクがあります。

そのため、退職者の意向を代弁することしかできません

一方、労働組合には、憲法や労働組合法によって団結権と団体交渉権が保障されているため、こちらの要望を会社から拒否されたとしても、交渉の上で最善の策を引き出すことが可能です。

退職に際して会社と交渉したいことがある方は、退職代行ニチローの利用を検討しましょう。

各分野の専門家のサポートがある

退職代行ニチローには、各分野の専門家のサポートを受けながら退職を進められるメリットもあります。

退職代行ニチローは、弁護士や社労士、税理士などのサポートを受けています。

労働関係のスペシャリストがバックにいるため、会社との間でトラブルが発生しても安心感を持って退職手続きを進められるでしょう。

念のために退職代行で考えられるトラブルを把握しておきたい方は、退職代行のトラブル事例11選もあわせてチェックしてみてください。

即日対応してもらえる

退職代行ニチローは、電話、メールを通じて対応してもらえます。

即日対応してもらえるため、相談した日のうちに退職に向けた手続きを始めてもらうことも可能です。

なお、即日対応と即日退職は異なります。退職代行ニチローは、即日退職には対応していません。

相談したその日のうちに退職できることは保証されていないため、注意しましょう。

ただし、有給休暇が14日以上残っている場合は、実質的な即日退職ができる可能性があります。

労働基準法により、退職の意思を伝えてから2週間後には会社を辞められるため、連絡したその日から有給休暇を使用すれば、退職日まで会社に行く必要がないからです。

自身が所持している有給休暇の日数と退職したい時期によっては、退職代行ニチローは即日退職したい方にもおすすめです。

退職代行ニチローを利用するデメリット

「DEMERIT」と書かれたサイコロ型のキューブ

退職代行ニチローを利用するデメリットは、次のとおりです。

順番に詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

サービス開始から日が浅い

退職代行ニチローは、2021年4月にスタートしたサービスです。

2023年2月現在、スタートから1年10か月しか経過していないため、利用者の数はそれほど多くありません。

したがって、SNSや口コミサイトなどで利用者の声を見つけるのは困難です。

退職代行サービス自体の質、アフターサポートの質など、実際の評判がわかりにくいところはデメリットの一つといえるでしょう。

法的なトラブルへの対処ができない恐れがある

退職代行ニチローは労働組合が運営する退職代行サービスであるため、裁判に発展しても訴訟代理人として依頼者と共に戦えません

弁護士、社労士、税理士によるサポートは受けられるものの、法的な手続きを取られた場合に100%対応できるかは不透明です。

退職代行サービスの中には、弁護士が運営しているものもあります。

退職することで法的なトラブルに発展する恐れがある場合は、弁護士が運営する退職代行サービスを利用することが無難です。

退職代行ニチローで相談してから退職するまでの流れ

STEP1~3まで書かれたカラフルな付箋

退職代行ニチローに相談してから退職するまでの流れは、次のとおりです。

それぞれのステップについて詳しく解説します。

1:問い合わせ

まずは、退職代行ニチローの公式サイトにアクセスして、コンタクトを取りましょう。

退職代行ニチローへの問い合わせは、電話、メールでおこなえます。

電話で相談したい場合は、公式サイト内にある「今すぐ電話で相談する」をクリックしてみてください。電話で相談したい場合は、スマートフォンからアクセスするとスムーズです。

2:無料相談

電話による相談も受け付けています。ただし、問い合わせが多くて担当者の空きがないときは、退職に向けた相談ができるまでに時間を要することも考えられます。

早期退職を希望する方は、思い立ったらなるべく早めの電話をおすすめします。

退職に際しての希望がある場合は、無料相談の時点で話しておくとその後の流れがスムーズになります。

退職について希望がある方は、無料相談の前に整理してメモしておきましょう。

3:申し込み

無料相談で退職の意思が固まり、サービス内容に納得できた場合は、申し込み手続きに進みましょう。

退職代行を申し込みたい旨を伝えると担当者から申し込みフォームが送られてくるため、必要事項を記入してください。

申し込みフォームの入力が完了したら、サポート料金の支払い方法や申し込み確認書などの案内があります。

手続きがすべて終わったら、支払いへと進みましょう。

4:支払い

申し込み手続きの際には、退職代行サポートの料金として28,000円(※)の支払いが必要です。

支払い方法はクレジットカード払いと銀行振り込みから選べるため、自身に都合がよい方法を選びましょう。

銀行振り込みでサポート料金を支払う場合は、振り込み明細書があると流れがスムーズになることがあります
※内、サポート費用3,000円は税込価格

5:退職完了

入金が確認されると、会社への連絡をはじめとする退職の手続きを始めてもらえます。

退職手続きをするにあたって、利用者が会社側と連絡をとる必要はありません。ただし、退職代行ニチローから連絡が来ることはあります。

退職届の作成依頼、会社から貸与されている備品の返還など、退職代行ニチローから依頼があった場合は、なるべく早めに応じてください。

依頼への対応が遅れると、退職が完了するのも遅れる恐れがあります。

退職代行ニチローの口コミ・評判

遠くを見つめる5人の男女

退職代行ニチローはサービス開始からまだ日が浅いですが、インターネット上ではいくつか口コミが確認できます。

順番に見ていきましょう。

丁寧に対応してもらえた

退職代行ニチローは、電話で丁寧に対応しています。

そのため、日中に電話でやりとりすることが難しい職種に就いている方にもおすすめです。

スムーズに退職できた

口コミの中には、退職代行ニチローに依頼した日のうちに会社を辞められたというものもありました。

ただし、退職代行ニチローは、即日退職を保証しているわけではありません。

即日退職をするためには、会社側が即座に退職を認めてくれることをはじめ、さまざまな条件が必要になることを認識しておきましょう。

さらに詳しく知りたい方は、退職代行で即日退職をするリスク、スムーズに辞めるための事前準備を参考にしてみてください。

退職代行二チローにインタビュー

カラフルなレ点が入ったチェックボックス

ここまでニチローについて紹介しましたが、実際にどのような方がどのような想いで運営しているのか気になる方もいるのではないでしょうか?

そこで当サイトでは実際に退職代行を運営されているニチローへインタビューを実施しました。

Q&A形式でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

インタビュアー

退職代行ニチローの設立の背景を教えてください。

退職代行ニチロー

設立前に携わっていた労働組合にて想定していた相談内容は、労働環境の改善や給与未払いなどでした。しかし実際には、退職を契機に発生するトラブルの相談が多数でした。
たとえば、退職を申し入れたらハラスメントが発生した、賃金を減らされたなどです。
労働組合として、退職のサポートをきっかけに労働者の力になれるのではと考えました。

退職代行の市場調査を進めている中で、法律上グレーなことをしている一般企業の退職代行業者や、労働組合の実態がないにもかかわらず労働組合と名乗っている退職代行業者が多いと感じました。

退職代行業界をクリーンにしていきたい、また労働組合をもっとカジュアルな存在として世の中のためになりたい使命感のもと、業界に参入しました。

インタビュアー

大体どのくらいの問い合わせがありますか。

退職代行ニチロー

ありがたいことに、1か月に2,000件以上のお問い合わせをいただいています。

インタビュアー

どのような相談内容が多いでしょうか。

退職代行ニチロー

ハラスメント、労働問題、仕事の悩み、法律相談、気軽な相談(例、仕事でこういうことがあった)など、退職だけではないあらゆる領域のご相談をいただいています。
我々は労働組合ですので、労働に関した多岐にわたるご相談を受け付けています。

インタビュアー

どのような方が相談していますか。

退職代行ニチロー

20から30代の若年層が、全体の相談件数の7から8割を占めています。

インタビュアー

アルバイトでも申し込み可能ですか。

退職代行ニチロー

はい。いかなる職種であっても、労働基準法が適用される方をサポートしています。
労働基準法が適用されない職種の方(※)は、労働組合に加入ができないためサポートができません。

(※)労働委託契約、公務員、個人事業主、など

インタビュアー

申し込む際は、労働組合の仕組みから説明してもらえるのでしょうか。

退職代行ニチロー

はい。申し込み手続きに必ず組合に加入する工程が入るため、組合の仕組みを説明し、それに同意いただいた場合にお支払いの手続きに進みます。

インタビュアー

利用者の申し込み理由を教えてください。

退職代行ニチロー

申し込み理由は、大きく2つに分かれます。
・ハラスメント:抑圧された状況で、勤務かつ退職を願い出ることが困難
・退職願い拒否:退職の申し入れをしたが、受け入れてもらえない

会社とトラブルを抱えているケースでのお申し込みを受けることも多いです。
たとえば、会社の車を壊してしまい会社から損害請求をされているケースがこれにあたります。
労働組合は民事に該当する個別の損害請求の代理人になることができないため、弁護士に相談するように誘導する場合があります。

インタビュアー

退職代行を利用する場合、なにに注意すべきでしょうか。

退職代行ニチロー

業務上でトラブルが発生している(会社に借金をしている、など)場合は、弁護士に相談することを推奨しています。
また、懲戒処分にあたる業務上のミスや事故を会社に秘密にして退職する場合は、最悪刑事事件になりかねないため、事前にご相談をお願いしています。

インタビュアー

どのような方にサポートをしてもらえますか。

退職代行ニチロー

労働組合の組合員がサポートをしています。
取り扱ったことのない特殊なケースの場合は、顧問弁護士や担当社労士に労働基準法の法的な見解を伺っています。たとえば、会社の対応内容が法律に違反しているのかどうか、など。

インタビュアー

最後に、退職代行ニチローの強みを教えてください。

退職代行ニチロー

包括的な労働基準法の中のサポートを実施しており、退職のサポートに限らない点が強みです
組合加入期間は最長1年間であるため、退職後に問題が発生した場合でも会社への連絡のサポートを行っています。
問題の具体例は離職票が届かない、源泉徴収票が届かない(失くした)、退職金が振り込まれないなど多岐にわたります。

インタビュアー

インタビューありがとうございました!

退職代行ニチローに関するよくある質問

「Q&A」と形取られた黒いオブジェ

退職代行ニチローについてよくある質問をまとめました。

利用してみたいけど気になることや不安なことがある方は、ぜひ参考にしてみてください。。

退職代行サービスを使っても働いた分の給料は振り込まれる?

働いた分の給料は問題なく振り込まれます。労働基準法において、賃金は必ず支払わなければならないと規定されています。

たとえ退職代行サービスを利用して辞めるにしても、退職までに勤務しているならば、給料を支払うのは会社の義務です。

退職代行サービスを利用したからという理由で給料を支払わないのは、違法行為です。

会社から給料を支払わないといわれたときは、弁護士への相談をおすすめします。

訴えられることはない?

退職代行サービスを利用したことが原因で訴えられることはないでしょう

退職代行サービスの利用に違法性はないですし、退職は労働者に認められた権利だからです。

事実、退職代行ニチローの公式サイトには、今までに退職サポートで訴訟されたことはありませんと書かれています。

ただし、違法行為をして退職する場合は別です。

その場合は、退職代行ニチローにあらかじめ相談しておきましょう。

会社に訴えられないか心配な方は、念のために退職代行の失敗事例もあわせてチェックしてみてください。

相談はオンラインでも可能?

2023年2月現在、ZoomやSkypeをはじめとするビデオ通話を使った相談には対応していません

しかし、退職の相談をしてから実際に退職するまでの流れの中で、退職代行ニチローのオフィスに出向かないといけない場面はありません。

電話やメールなどでやり取りは完結するため、自宅にいながら退職手続きをすませることが可能です。

他の社員と会わずに退職可能?

他の社員と会わずに退職することは可能です。

退職代行ニチローに依頼して会社を辞める場合、会社へ出向かずに退職できます。

保険証の返却や離職票の受け取りなど、必要な手続きはすべて郵送で完結するため、上司や他の社員などに会う必要はありません

退職代行ニチロー以外におすすめの退職代行サービス3社を紹介

スクロールできます
サービス名料金支払い方法返金保証対応時間即日退職詳細
退職代行TORIKESHI
退職代行TORIKESHI

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

24時間
公式サイト
詳細ページ
辞めるんです
辞めるんです

一律27,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

24時間
公式サイト
詳細ページ
リーガルジャパン
リーガルジャパン

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

24時間
公式サイト
※料金はすべて税込表示です

退職代行ニチローとあわせて利用を検討したい、人気の退職代行サービス3社をピックアップしました。

サービス内容を順番に詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

退職代行TORIKESHI

LINEで退職代行「退職代行TORIKESHI」
出典元:退職代行TORIKESHI
おすすめポイント
  • 24時間対応
  • LINEで全ての手続きが完了
  • 有給取得サポートあり
  • 全額返金保証あり

「退職代行TORIKESHI」はLINEで手軽に利用できる退職代行サービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。

さらにアフターフォローも充実しているため、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金や失業保険のサポートなど任せられます。

また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証も魅力です。

退職代行の無料相談は、メールまたはLINEで24時間可能です。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に退職代行TORIKESHIへ相談してみましょう。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行TORIKESHIの特徴、退職までの流れもあわせてチェックしてみてください。

辞めるんです

辞めるんです
出典元:辞めるんです
おすすめポイント
  • 追加料金無し
  • 退職率100%
  • 豊富な退職実績

「辞めるんです」は、業界初の後払い制を採用している退職代行サービスになります。

7,000件の実績件数と退職成功率100%を誇るうえで、万が一退職できない場合は料金がかかりません

顧問弁護士から業務指導を受けたサービスのため、弁護士法に違反せず業務範囲で最大限のサポートをしている点も安心です。

会社への対応は全て「辞めるんです」がおこなうので、依頼後は会社と一切連絡することなく退職できるでしょう。

退職完了後は、追加料金なしでアフターフォローが受けられる点も魅力です。

人手不足で退職を言い出しにくい方やストレスを抱えて出社できないという方は、ぜひ一度相談してみてください。

料金27,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
※料金は税込表示です

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行辞めるんですの口コミ・評判、メリット・デメリットもあわせてチェックしてみてください。

リーガルジャパン

リーガルジャパン
出典元:リーガルジャパン
おすすめポイント
  • LINEで気軽に無料相談&即日退職可能(24時間対応)
  • 有給消化や退職後のサポート体制も充実
  • 全額返金保証あり

「リーガルジャパン」は、LINEで気軽に即日退職サポートを受けられる退職代行サービスです。

LINEで24時間いつでも無料相談ができるので、「今日にでも辞めたい……」と思い立ったタイミングで利用できます。

また労働組合が運営しているのでサポート面も充実しており、安心して利用できる点もうれしいポイントです。

充実のサポート体制
  • 有給消化に関する交渉に柔軟に対応
  • 退職届の作成サポート
  • 必要書類の受け取り
  • 無料の転職支援
  • 最大200万円を受け取れる失業保険のサポート

料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、退職代行中の追加料金は一切かかりません

万が一退職できなかった場合の全額返金保証サービスにも対応しているので、初めての方でも気軽に利用できます。

気軽かつスピーディーな退職代行サービスを探している方は、ぜひリーガルジャパンのLINE無料相談を利用してみてください。

料金25,000円
決済方法銀行振込
クレジットカード決済
Apple Pay
Google Pay
※料金は税込表示です

まとめ

黒色で書かれたまとめの文字を指し示す鉛筆

退職代行ニチロ―は他の退職代行サービスと比べるとサービス開始から日が浅いため、インターネット上での口コミや評判は多くありません。

しかし、労働組合が運営する退職代行サービスのため、退職条件や給料などについての交渉が可能なほか、即日対応してもらえるなどのメリットがあります

退職代行ニチローを利用したい方は、公式サイトから無料相談を試してみてください。

【一覧表】人気の退職代行サービス14選

スクロールできます
サービス名料金支払い方法返金保証対応時間即日退職詳細
退職代行TORIKESHI
退職代行TORIKESHI

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
辞めるんです
辞めるんです

一律27,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
リーガルジャパン
リーガルジャパン

一律25,000円

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
Apple Pay
Google Pay

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
退職代行ニチロー
退職代行ニチロー

一律28,000円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
公式サイト
詳細ページ
退職代行ガーディアン
退職代行ガーディアン

一律24,800円

銀行振込
クレジット決済

記載なし

記載なし
公式サイト
詳細ページ
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび

一律55,000円

銀行振込

記載なし

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
退職代行jobs
退職代行Jobs

一律27,000円
(労働組合費2,000円)

銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
現金翌月払い

全額返金

LINE
24時間
公式サイト
詳細ページ
※料金はすべて税込表示です

退職代行サービスについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ退職代行サービスのおすすめ人気ランキングもあわせてチェックしてみてください。

※本記事の情報は2023年11月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

タップできる目次